TBS系列にて放送中の金曜ドラマ「アンナチュラル」。

その主題歌として大きな反響を呼んでいる米津玄師さんの「Lemon」の歌詞について、「どのような意味を持っているのか」と気になる方が急増中のようです。

今回は、歌詞の内容を俯瞰しつつ、そこに込められた米津さんの「想い」について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク?

歌詞に登場する二人のストーリーに着目してみると…

「Lemon」の歌詞は以下のとおりです。

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる
忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う

戻らない幸せがあることを
最後にあなたが教えてくれた
言えずに隠してた昏い過去も
あなたがいなきゃ永遠に昏いまま

きっともうこれ以上 傷つくことなど
ありはしないとわかっている

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光

暗闇であなたの背をなぞった
その輪郭を鮮明に覚えている
受け止めきれないものと出会うたび
溢れてやまないのは涙だけ

何をしていたの 何を見ていたの
わたしの知らない横顔で

どこかであなたが今 わたしと同じ様な
涙にくれ 淋しさの中にいるなら
わたしのことなどどうか 忘れてください
そんなことを心から願うほどに
今でもあなたはわたしの光

自分が思うより
恋をしていたあなたに
あれから思うように
息ができない

あんなに側にいたのに
まるで嘘みたい
とても忘れられない
それだけが確か

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
切り分けた果実の片方の様に
今でもあなたはわたしの光

ドラマ内容が「不自然死研究所」を舞台とする「死」を扱ったものであることと、米津さん自身が雑誌インタビューにて「この曲を作っている最中にうちのじいちゃんが死んだんです。それで今まで自分の中で作り上げてきた『死』に対する価値観がゼロになった。結果、『あなたが死んで悲しいです』とずっと言ってるだけの曲になりました」と語っていることから、「大切な人との死別を歌った曲」と考えている方も少なくないようですね。

また、この曲が当初より「アンナチュラルの主題歌」という決定ありきで作られたものであることも、やはり「死別」がテーマだと推測する根拠になっているようです。

しかし、歌詞に登場する二人のストーリーについて、私個人の考えは少し違います。

なぜなら、「どこかであなたが今 わたしと同じ様な涙にくれ 淋しさの中にいるなら わたしのことなどどうか 忘れてください」という部分から、想いをつづった対象者が現在進行形で存在していることが示唆されているからです。

ただ、たとえ二人が生きていて互いを想い合っていたとしても、さまざまな理由から「永遠の別れ」が訪れることはありますね。

それは、物理的な距離が離れた場合かもしれませんし、どちらかが「完全なる別の未来」を選択したときかもしれません。

ですからこの曲は、米津さんが「身内の死」にインスパイアされた、「永遠の別れ(その原因は死と限定されていない)」を主軸に置いた曲であると考えます。

スポンサーリンク?

においに関する記憶は色あせにくい

次に、楽曲名でもあり、歌詞の中にも登場する「Lemon」についての考察です。

「においに関する記憶は色あせにくい」という事実をご存知でしょうか?

ヒトの嗅覚に関するシグナルは、視床を通らずダイレクトに大脳へ流れ込むため、何らかの香りを伴った記憶は、心にとどまりやすいんだそうです。

私にも経験があるのですが、ある特定のにおいを嗅いだときに、瞬間的に同じにおいをまとっていた知人との思い出がフラッシュバックされた…なんてことがないですか?

おそらくこの歌の主人公は、彼女(全体の流れから察するに、私はこの曲は恋愛の歌だと思っています)との思い出に「レモンの香り」が紐づいていたのでしょう。

「あなたとともに 胸に残り離れない 苦いレモンの匂い」という部分から、「あなたとの思い出=レモンの匂い」という関連性が示唆されていますから、彼女がレモンや柑橘系の香水を好んでいたのかもしれませんし、レモンティーをよく飲んでいた、なんてこともあり得るかも。

そのため、今もふとレモンの香りを嗅ぐと、彼女のことが胸に浮かんでしまうのではないでしょうか。

また、「1/2の林檎」という話があるように、二つに切り分けられたフルーツなどは、「別れてしまった運命の二人」の象徴として比喩表現に使われる場合があります。

この「Lemon」の歌詞においても「切り分けた果実の片方の様に 今でもあなたはわたしの光」というパートがありますから、歌の主人公は、「本来一つのものであったほどに大切な片割れ」との永遠の別れを憂い、そこから進むことができないでいるのかも知れませんね。

米津玄師のLEMONで聴こえる変な音「ウェ」は何?ワザと?(アンナチュラル主題歌)
(画像引用:http://reissuerecords.net/special/lemon/)TBSドラマ「アンナチュラル」の主題歌となっている米津 玄師(よねづ けんし)さんの新曲「Lemon」が、好調なチ...

米津玄師「Lemon」のPVの意味は?MVが逆再生の理由も考察してみた!
米津玄師さんの楽曲「Lemon」が、かなりの注目を集めています。ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として耳にしてから気になり、PVまでしっかりチェックしてしまったとい...

米津玄師「アイネクライネ」の歌詞の意味は?覚悟を決めた女性の歌?
素晴らしい楽曲を次々と送り出し、大変な人気を集めている米津玄師さん。一方で、歌詞の意味が抽象的であったり、聞き手の解釈を必要とするようなものであることも多い...

米津玄師の人気曲ランキングTOP10!ファンのオススメ曲を厳選紹介!
先日友人と、「最近、米津玄師がかなりアツイよね~!」という話題になりました。多くのファンにとっては「何をいまさら…」という感じだと思いますが、ドラマ主題歌が大...

スポンサーリンク?