完全文系人間のわたくしですが、やはり理系の学部を出ている学生さんは就職に強いなぁと実感する機会が多々あります。

特に工学部系の学びを修めていると、それだけでも企業から一定の需要が見込める気がするんですよ!

今回ピックアップする「中部大学」は1938年に設立された名古屋第一工学校をルーツとし、工学部を中心に発展した大学です。

そういった経緯に興味を惹かれたものの、一部には「愛知県下でもFランク扱いの大学」との評判が流れているようですね。

とはいえ知りたいのは根拠を持たないイメージではなく、具体的な大学の実力です!

中部大学の偏差値や学校としての実情は、一体どの程度のものなのでしょう。



中部大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に中部大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
中部 現代教育 42.5~50
人文 37.5~50
国際関係 40~45
経営情報 45~47.5
40~50
応用生物 42.5~52.5
生命健康 42.5~55

当ブログのFランク大学の基準①②に中部大学は該当しません。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。


中部(東海)地方のFランク大学一覧を紹介【最新版】
少子高齢化の影響で若年層の人口率は年々減っていますが、大学の数は2010年辺りまでは増加傾向にあり、それ以降現在まで横ばい状態が続いています。大学への進学率が高...

「名名中日」の上位層だが…?

(画像引用:https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/3534/index.html)

(※大学名をクリックすると個別のFラン判定記事にとびます)

中部大学の属する大学群は、愛知県の私大4校をくくった「名名中日(めいめいちゅうにち)」と呼ばれるものです。

名名中日は「名古屋学院大学名古屋学芸大学・中部大学・日本福祉大学」から構成され、県内では南山大学、愛愛名中の4校に続くレベルと認識されていますね。

なお4校の序列は難易度が高い順に「名古屋学芸大学>中部大学>名古屋学院大学>日本福祉大学」と並ぶので、中部大学は名名中日の上位層を形成するといえそうです。

ただし「世間的に一定の評価を受けることができるラインは、愛愛名中でギリギリ」との見方がありますし、その愛愛名中でさえ「関東の日東駒専・関西の産近甲龍と同程度、もしくは少し下」と定義されていますからね;

相対的に見て「中部大学<日東駒専」との図式が成り立ち、中部大学は当ブログが定めるFランク大学の基準③を満たすと言わざるを得ないでしょう。

スポンサーリンク?

生徒へのサポートが厚い大学!

(画像引用:https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/3534/index.html)

中部大学は工業大学として創立された歴史を持つだけのことはあり、やはり工学系に強い学校との評価が定着しています。

学内には20もの研究所を擁し、日々レベルの高い研究が行われていますね。

しかし総合大学に成長した現在では文系学部の充実も目覚ましく、「経営情報学部」「人文学部」「現代教育学部」といった計8つの学部にて幅広い教育を受けることができます。

加えてすべての学部がジャンルを超えて協力体制を敷いており「学生が教授に対し、学部学科に関係なく様々な相談を持ち掛けることが可能」である点は高く評価されていますね!

同校は元UNESCO事務局長を客員教授として招聘するなど、教授陣が豪華なことでも有名ですから、学生にとってはこの上なく恵まれた環境でしょう。

その延長で就活時のサポート体制も厚く、「とにかく面倒見が良い学校」との声も聞かれていますよ^^

学内に全天候型グランドを完備していることから、全学科対抗のスポーツ大会を毎年開催するなどイベントも盛んですし、充実した大学生活を謳歌できそうです。

Fランクに分類はしましたが、個人的にはもっと評価されてしかるべき学校だと感じました。

関西(近畿)地方のFラン記事一覧はコチラ
中部(東海)地方のFラン記事一覧はコチラ

スポンサーリンク?