BTS(防弾少年団)のツアー「BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF’ ~JAPAN EDITION~」について、「ステージサイド体感席」のFC先行抽選予約受付が決定したとの報せが入りました!

しかしながら、「ステージサイド体感席って、どんな座席なの?」と疑問に思う方が多くいるようですね。

せっかくツアーに参戦するのならば、少しでも良席でメンバーのパフォーマンスを楽しみたいもの。

ということで今回の記事では、私自身の体験談を交えつつ、ステージサイド席のメリット/デメリットについて考察したいと思います^^

スポンサーリンク?

ステージサイド席の概要は?

(画像引用:https://bts-official.jp/index.php)

そもそもこのステージサイド席という座席は、BTSに限らず様々なアーティストのLIVEにて取り入れられています。

その名のとおり、ステージを真横から見るようなかたちで設置された座席のことで、そのエリア内における自席の位置にもよりますが、角度的にステージ全体を見ることは難しく、部分的に見えない演出が発生する可能性をはらんでいるのです;

BTS公式サイトの説明をチェックしても、【ステージサイド体感席に関する注意事項】として、

「映像およびステージでのパフォーマンスが見えない可能性が高いお席となります。また、音が聞き取りにくい、機材音が気になる可能性がございます。見えない、聞き取りにくい、気になるという感覚は個人差がありますので、あらかじめご了承いただいた上でお申し込みください」

との案内がありますね。

要は、「位置的に問題がある席だけど、それでもいいよって方は納得の上で購入してね!」ということでしょう。

スポンサーリンク?

ステージサイドが神席になる可能性も!?

しかしながらステージサイド席において問題となるのは、「急すぎるステージとの角度関係」なわけです。

単純にステージ⇔座席間の直線距離だけでいえば、普通席よりも格段に近くなっているとういうことですよ!

しかも、ステージサイド席エリアにも比較的角度の良い部分は存在していますので、場合によっては「部分的に、メンバーがめちゃくちゃ近くまで来てくれる瞬間があった!」なんてケースも起こるわけです。

ちなみに私も他のK-POPアーティストのステージサイド席を取ったことがありますが、全体を俯瞰はできないものの各スクリーンなどをうまくチェックすることで、「全然、LIVEの流れが理解できなかった」なんて場面はありませんでしたし、メンバーがステージ端まで来てくれたときは「すぐそこにメンバーがいる!」という距離感でその姿を目にすることができ、不満は感じませんでした。

機材担当のスタッフさんなど、いわゆる裏方さんの姿が結構目に付きますが、それはそれで面白かったりもして(笑)

ただ公式サイトが言うように、そのような感じ方にももちろん個人差はありますからね!

また、複数メンバーを抱えるグループのパフォーマンスを鑑賞する場合、「立ち位置的に、ほとんど推しがこちらサイドに来てくれなかった…」なんて可能性もあるのが、ステージサイド席のデメリットだと思います。

つまり何事にも極端で、「当たり外れが大きい座席」なのだと理解してください!

個人的には普通席の後方よりは、ステージサイド席の「一か八か感」が好きだったりもしますけどね^^;

BTSのサプライズイベントって何?ARMYが開催するの?
先日、BTS (防弾少年団)のJAPAN OFFICIAL FANCLUBにて、「サプライズイベント」に関する案内が行われました。しかしながら日々その数を増やし続けるARMY(BTSファンの...

BTSテテの「i purple u」の意味は?紫とarmyの関係性は?
大人気のBTS(防弾少年団)に関する情報を読みふけっていると、とある言葉が目に留まりました。メンバーのテテがよく使う「i purple u」というものがそれです。「purple...

スポンサーリンク?