最近今更ながら、EXILEや三代目J Soul Brothers、GENERATIONS from EXILE TRIBEといった、いわゆる「LDH所属アーティスト」の楽曲がいいなあと思っています^^

こちらまでノリノリになれるし、パフォーマンスも含めて本当にかっこいいですよね!

そんなこんなで、様々な関連情報を閲覧していたのですが、ファンの間で「ラグパン」という言葉が頻繁にやり取りされていることに気が付きました。

何かの略語っぽいですが、正式名や意味合いはどういったものなのでしょう?

早速調べてみましたよ!

スポンサーリンク?

「RAG POUND(ラグパウンド)」は伝説のダンスグループ

まず、ラグパンは「ラグパウンド」の略であるということが分かりました。

そしてこのラグパウンドという言葉には、どうやら二通りの意味があるようなのです。

まず一つ目は、「RAG POUND(ラグパウンド)」という表記で、EXILEのAKIRAさん、TETSUYAさん、NAOKIさん、また、GENERATIONSのREOさんといったそうそうたるメンバーがかつて所属していた、伝説的ダンスグループの名称だそうです。

ちなみに彼らは「クランプ」というジャンルのダンスを得意としていたとか。

クランプは、LAの超危険区域が発祥とされ、極限状態で生きる人々が、自らの中にある怒りなどの感情を攻撃的な動きで表現するようになったことがその始まりであると言われています。

ですから、相手を威嚇・攻撃するように体を大きく使い、感情をむき出しにして踊るんですね。

YouTubeにて、RAG POUNDのメンバーがクランプダンスを行う動画を見付けました。


確かにめちゃくちゃ迫力があってかっこいいです!

スポンサーリンク?

現在進行形の「®AG POUND(ラグパウンド)」

そして二つ目は、「®AG POUND(ラグパウンド)」と表記し、前述したRAG POUNDの想いを受け継ぎ集結したメンバーが、CREW名を改めて結成したグループの名称だということが分かりました。

ちなみに、この「®」という文字には、「Real=常に本物を求めていきたい」、「Raw=カッコいいことをしていきたい」、「Reborn=再始動」といった様々な想いが込められているそうですよ。

きっと、思い入れのあるグループ名なのでしょう。

彼らは現在進行形で様々な活動を行っているようですから、ぜひその活躍に注目してみてくださいね!

(画像引用:https://kob-ent.jimdo.com/rag-pound/)

こうやって見てみると、LDHのグループって、それぞれに多彩な歴史や想いの上に結成されているんだなあということがよく分かります。

「見ていてカッコイイな」、「曲のノリがいいな」という表面的な楽しみ方だけでなく、その根底にある経緯を詳しく知ることで、もっと彼らの魅力を掘り下げていける気がしてきました。

また、そんな「深み」を持っている彼らだからこそ、そのパフォーマンスが多くの人の心を引き付けるのでしょうね!

スポンサーリンク?