18日に江陵(カンヌン)スピードスケート競技場で行われたスピードスケート女子500メートル。

日本の小平奈緒選手が、3度目となるオリンピックの舞台で初めての金メダルを獲得しました!

いや~、これまでの成績から「金を獲れない方がおかしい」なんて言われていましたが、世界中から向けられるプレッシャーに打ち勝ち、期待通りの成績を残すことがどれほど難しかったか…。

想像もできませんよね。

レース後に繰り広げられた光景もまた、観る者の心に大きな感動をもたらしたと思います。

小平選手が、2位になって泣き崩れる韓国・李相花選手の肩を抱き、その健闘を称えるようにずっと何かを話し掛けていたのです。

内容は聞き取れないにしても、その暖かな情景には胸が熱くなってしましましたよ。

それにしても、小平選手と李選手って、何語でコミュニケーションを取っているのでしょう?

また、とても親しそうに見えましたが、これまでにも二人の間には親交があったのでしょうか?

スポンサーリンク?

競技場の内外で親しい関係

(画像引用:http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/18/)

調べたところ、二人はかなり前から、国際大会で競い合いながら友情を築いてきた仲だということが分かりました。

の日に限らず競技場の内外で、「よき友人」として互いのことを思いやってきたそうなんです。

2010年バンクーバーと2014年ソチオリンピックで2つの金メダルを獲得している李選手は、小平選手にしてみれば尊敬の対象でもあったみたいですね。

ちなみに両者がコミュニケーションを取る際には、日本語・韓国語・英語を織り交ぜながら会話を行っているということでした。

スポンサーリンク?

レース直後の会話を紹介

(画像引用:http://www.sankei.com/pyeongchang2018/)

なお、18日に行われた小平選手のインタビューから、二人のレース直後の詳しい会話内容も判明しています。

まずは小平選手が李選手に対して韓国語で、「チャレッソ(頑張ったね)」と声を掛けたそうです。

続いて英語で「I still respect you(私はまだあなたのことをリスペクトしています)」と伝え、過去2回のオリンピック連覇を含む李選手の偉大な功績を讃えたといいます。

「これまで相花にたくさんの重圧が掛かっていることを知っていた。この重圧を克服した李相花の努力に拍手を送りたい。今後も仰ぎ見る存在」という小平選手の言葉からは、競技を同じくする選手に対してのリスペクトと同時に、「友人」としての思いやりまでもが伝わってくると思いませんか?

テレビ画面越しに伝わる様子からも、二人がかなり深い「絆」でつながっていることが見て取れる気がしました。

現在日韓の関係は良好だとは言いづらいですが、このような各人の「心の交流」が、両国の懸け橋になってくれれば良いですよね!

小平奈緒はフライング?スタートピストルが遅かった?【平昌オリンピック】
18日に行われたスピードスケート女子500メートルで、小平奈緒選手が五輪新の36秒94で1位となり、1000メートルの銀に続いて金メダルを獲得しました。今も小平選手を称え...

小平奈緒と高木美帆は仲が悪いって本当?真相を調査してみた!
14日に行われた、平昌五輪・スピードスケート女子1000メートル。金メダルこそ逃したものの、小平奈緒選手が銀メダル、高木美帆選手が銅メダルを獲得し、「日本のダブル...

スキージャンプでよく見るピンクのスキー板のメーカーは?(平昌オリンピック)
レジェンド・葛西 紀明選手などが活躍するスキージャンプ。平昌オリンピックで競技の様子を見ていると、ピンクのスキー板を使用している選手が割りとたくさん目に付きま...

羽生結弦のインタビューは生意気?実は性格が悪いって本当?
いや~、羽生結弦選手による「五輪連覇」の瞬間は本当に感動しましたね!リアルタイムでテレビを見ていたのですが、その演技には心から魅了されました。ケガの影響で万...

スポンサーリンク?