椙山女学園大学はFランク大学?就職には強いがFラン?

公開日:更新日: コメントなし

ここのところ各地の大学について情報を集めながら感じるのですが、数々の女子大は偏差値云々よりもブランド力で語られることが多い気がします。

今回ピックアップする「椙山女学園大学(すぎやまじょがくえんだいがく)」も、やはりお嬢様学校として話題に上るケースが目立ちますね。

しかしその分、偏差値的な難易度や実際的な評判が理解しづらい印象を持ちましたので、椙山女学園大学の実力について、Fランク大学か否かも含めてリサーチを進めました。



椙山女学園大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に椙山女学園大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
椙山女学園 教育 47.5~50
国際コミュ 45~47.5
現代マネジ 42.5~45
看護 47.5
生活科学 47.5~57.5
人間関係 37.5~45
文化情報 42.5~45

当ブログのFランク大学の基準①②に椙山女学園大学は該当しません。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。


中部(東海)地方のFランク大学一覧を紹介【最新版】
少子高齢化の影響で若年層の人口率は年々減っていますが、大学の数は2010年辺りまでは増加傾向にあり、それ以降現在まで横ばい状態が続いています。大学への進学率が高...

「SSK」ってどんな大学群?

(画像引用:https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/3530/index.html)

(※大学名をクリックすると個別のFラン判定記事にとびます)

椙山女学園大学は「SSK」と呼ばれる大学群に属します。

その内訳は「愛知淑徳大学・椙山女学園大学・金城学院大学」の3校となっていて、もともと愛知県下の女子大をグルーピングした呼称でした。

3校ともにお嬢様学校として名をはせ、まさに一種のブランド的な地位を確立していたわけです。

その後淑徳大が共学化したため「もはやSSKのくくりは現状にそぐわないのでは?」との指摘はあるものの、特に上の世代にいくほどSSKの存在は根付いており、完全に形骸化してしまったわけでもありません。

難易度でいえば同地域に存在する他の大学群と比較して「愛愛名中と名名中日の間」あたりに属すると認識されていますが、「女性ならば、愛愛名中の下位ランクよりもSSKに入学した方が良い」という声も耳にします。

ただし他の地域を引き合いに出せば、愛愛名中が関東の日東駒専と同程度か少し下と定義できるので、やはり「椙山女学園大学<日東駒専」とみなされる可能性が高く、椙山女学園大学は当ブログが定めるFランク大学の基準③を満たすといえるでしょう。

スポンサーリンク?

「就職の椙山」と称される総合大学!

(画像引用:https://telemail.jp/shingaku/detail/detail.php?name=sugiyama-u)

さて椙山女学園大学は愛知県名古屋市千種区に本部を置く私立大学で、教育理念は「人間になろう」という非常にストレートなものです。

元来は生活科学系教育に歴史を持つ学校ですが、現在は女子大学としては日本最多の7学部をもつ総合大学へ成長し、中部地方唯一の幼稚園から大学院までを擁する女子校としても知られています。

教育理念どおり、狭い枠組みにとらわれず自立した女性の育成に注力している点が特徴的で、女性が仕事をする中で直面する結婚や出産などを乗り越えるサポートとして「トータルライフデザイン教育」を推進しています。

加えて「就職の椙山」といわれるほど、個人面談やマナー指導、多くの求人や情報力を以って学生たちの就職を全力サポートしており、その就職率は女子大学の中でもトップクラスですね!

様々な条件を鑑みるに、一女性として卒業後も長く続くキャリアをデザインするにあたり、非常に魅力的な大学であることは間違いありません。

愛愛名中を蹴っても惜しくないといわれるゆえんでしょう。

学部が多い分、やりたいことに出会える確率も高いですし、進学時にはぜひチェックすべき学校ですね^^

関西(近畿)地方のFラン記事一覧はコチラ
中部(東海)地方のFラン記事一覧はコチラ

スポンサーリンク?