「SSK」といえば全国的にはスポーツ用品メーカーのことを指すのでしょうが、愛知県の特に上の世代では「名古屋に所在するブランド女子大学の総称」と認識する方が多いことと思います。

今回ピックアップする「金城学院大学」もSSKのうちの一校で、いわゆるお嬢様学校として知られていますね^^

しかしその一方で偏差値的な意味での難易度が分かりづらいと感じましたので、同校の実際的なレベルについて、Fランク大学か否かも含めながらリサーチを進めました。



金城学院大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に金城学院大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
金城学院 45~50
国際情報 45~47.5
生活環境 47.5~55
人間科学 42.5~50

当ブログのFランク大学の基準①②に金城学院大学は該当しません。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。


中部(東海)地方のFランク大学一覧を紹介【最新版】
少子高齢化の影響で若年層の人口率は年々減っていますが、大学の数は2010年辺りまでは増加傾向にあり、それ以降現在まで横ばい状態が続いています。大学への進学率が高...

根強い「SSK」のブランドイメージ

(画像引用:http://www.kinjo-gakuin.net/advantage/)

(※大学名をクリックすると個別のFラン判定記事にとびます)

SSKの内訳は「愛知淑徳大学椙山女学園大学・金城学院大学」の3校となっていて、冒頭でもふれたとおり、もともとは愛知県下の女子大をグルーピングした呼称でした。

3校ともにお嬢様学校として名をはせ、洗練された名古屋嬢が通う大学として、一種のブランド的地位を確立していたのです。

その後淑徳大が共学化したため「もはやSSKのくくりは現状にそぐわないのでは?」との指摘はあるものの、SSKのブランドイメージは今も根付いており、完全に形骸化してしまったわけではありません。

難易度でいえば同地域に存在する他の大学群と比較して「愛愛名中と名名中日の間」あたりに属すると認識されていますが、「女性ならば、愛愛名中の下位ランクよりもSSKに入学した方が良い」という声もよく耳にします。

それだけ根強い人気があるわけですね^^

ただし他の地域を引き合いに出せば愛愛名中が関東の日東駒専と同程度か少し下と定義できるので、知名度も含めて全国的にみればやはり「金城学院大学<日東駒専」とみなされる可能性が高く、金城学院大学は当ブログが定めるFランク大学の基準③を満たすと結論付けます。

スポンサーリンク?

優秀な人材を輩出し続ける伝統校!

(画像引用:https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/3529/gakubu/index.html)

金城学院大学は「学校法人金城学院」によって運営されており、1889年に宣教師によって設立された女学専門冀望館(きぼうかん)にルーツを持つ伝統ある学校です。

なお学校法人金城学院は名古屋市に本部を置き、“主を畏れることは知恵の初め”をスクールモットーに幼稚園・中学校・高等学校・大学において「福音主義キリスト教に基づく女子教育、全人教育、国際理解の教育」を実践していますが、石川県の金城大学とは全く別物で、関係がありません。

さて金城学院大学は女子の名門として、女性の能力を幅広くサポートすることに注力しており、例えば音楽芸術学科においては実技試験で優秀だった生徒が、世界の第一線で活躍する著名な指導者や演奏家の公開レッスンを受ける資格を獲得します。

このような取組は優秀な人材を多数世に送り出していて、芸能界や政界、スポーツ界といった様々な分野に、金城学院大学卒の著名人はかなり多いですね。

歌手の西野 カナさんなども、同校のOGですよ^^

そのような実情もあって「やはり金城学院大学のブランド力は強い。世間的なイメージが良く就職の実績もあるので、女子学生は積極的に選択すべき」といった意見も聞こえます。

便宜上Fランク大学とは分類しましたが、画一的には推し量れない価値を持った学校といえるでしょう。

関西(近畿)地方のFラン記事一覧はコチラ
中部(東海)地方のFラン記事一覧はコチラ

スポンサーリンク?