関西圏にはいくつかの女子大学が存在しますが、その中でも「武庫川女子大学(以下、武庫女)」の実力が気になります。

いわゆる関西版「女子大御三家」から外れているところをみると、こちらのラインに比べて格下扱いのFランク大学ということでしょうか?



武庫川女子大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に武庫川女子大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
武庫川女子 47.5~55
教育 50~52.5
看護 47.5
生活環境 50~55
健康・スポーツ科学 47.5

当ブログのFランク大学の基準①②に武庫川女子大学は該当しません。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。


関西地方のFランク大学一覧を紹介【最新版】基準は産近甲龍?
言わずもがなですが、人口の集まる場所には大学も多く存在するものであり、関東に続く大都市圏である「関西」にも、数えきれないほどの学校が乱立しています。しかしな...

武庫女と御三家の相対的評価は?

(画像引用:https://up-j.shigaku.go.jp/school/category06/00000000572901000.html)

(※大学名をクリックすると個別のFラン判定記事にとびます)

関西の女子大御三家といえば同志社女子大学京都女子大学神戸女学院大学の3校を指し、難易度的には「関関同立以下・産近甲龍以上」であるという認識が広く浸透しています。

ただほかの地域にお住まいの方には余り知られていないかもしれませんが、こちらに武庫女を加えて「関西四女子大学」と称するケースも多いんですよ!

武庫女は実際的にも、御三家の中では弱いとされる神戸女学院大学と大差ないレベルにあるともいわれており、こと女子大というくくりでは「ある程度、優秀な学校」といって差し支えないでしょう。

ただ就職の実績なども考慮しながら総合的に判断すると、「産近甲龍以下」との評価が大勢を占めているのが実情なんですよね;

産近甲龍は関東における日東駒専と同等だといわれていますから、武庫女のレベルは日東駒専未満との図式が成り立ち、同校は当ブログが定めるFランク大学の条件③を満たす場合があると判断します。

もちろん武庫女の女子大という性質から一概には比較できないのですが、イメージも含めてFラン扱いされる可能性もある…といったニュアンスが正しいでしょうか。

スポンサーリンク?

女子大の枠にとらわれない学校!

(画像引用:http://www.sanpou-s.net/school/html/4165/)

さて武庫女は兵庫県に本部を置く私立大学で、1939年に創設された武庫川学院を前身とし、1958年に現在の名称となりました。

同校はとにかく生徒数が多い点が特徴で「日本一のマンモス女子大」ともいわれており、中央キャンパスを始め浜甲子園キャンパス・上甲子園キャンパス・北摂キャンパス等で約1万人もの学生が勉学に励んでいますね。

加えて1990年にはアメリカに分校を設立し、国際交流にも力を入れるようになりましたね。そのほかにも2006年に女子大初の建築学科を設置するなど理工系の分野も充実しており、「学ぶ選択肢が非常に多い」と評判を呼んでいます。

カヌー部でオリンピック選手を輩出し、ビーチバレー部やタッチ・フットボール部も好成績を収めるなど部活動も盛んなので「武庫女は女子大の枠にとらわれない総合大学」と評価する意見も多いですよ^^

このような大学運営が功を奏したのか、武庫女の偏差値や評判は上昇傾向にあり、今後ますます跳ねる学校であるとの期待も高まっています。

「関西四女子大学」の呼称が以前より浸透しつつある所以ですね。

在校生・卒業生からの評判も上々で、現時点でも非常に魅力ある大学だと思いますが、伸びしろという点でもかなりのものを秘めているでしょう。

「何となくFランのイメージがあるなぁ」程度の認識で敬遠するのは、余りにももったいない大学であることは間違いありません。

関西(近畿)地方のFラン記事一覧はコチラ
中部(東海)地方のFラン記事一覧はコチラ

スポンサーリンク?