兵庫県西宮市に所在する「神戸女学院大学」の評判が気になります。

神戸・女学院というワードだけでも何だかおハイソなイメージを抱きますが、世間的な評価や難易度はどの程度なのでしょう?

Fランク大学に該当するのかも含め、リサーチを進めました。



神戸女学院大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に神戸女学院大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
神戸女学院 45~50
人間科学 42.5~50

当ブログのFランク大学の基準①②に神戸女学院大学は該当しません。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。


関西地方のFランク大学一覧を紹介【最新版】基準は産近甲龍?
言わずもがなですが、人口の集まる場所には大学も多く存在するものであり、関東に続く大都市圏である「関西」にも、数えきれないほどの学校が乱立しています。しかしな...

「女子大御三家」内の序列は?

(画像引用:https://www.kobe-c.ac.jp/)

(※大学名をクリックすると個別のFラン判定記事にとびます)

神戸女学院は同志社女子大学京都女子大学と併せ、関西圏の「女子大御三家」というくくりで呼ばれています。

この女子大御三家は関西に存在する他の大学群と比較しても「関関同立以下・産近甲龍以上」であると認識されており、人気・実力ともに非常に高いといえますね。

御三家内での序列をみると神戸女学院はもっとも下とされており、近年地位を上げてきた武庫川女子大学と同程度とする向きもあるのですが、それでも築き上げてきたブランドは簡単に揺らぐことはなく、「女子学生が通う大学として、産近甲龍と神戸女学院ならば断然後者の方が聞こえが良い」「神戸女学院は産近甲龍よりも就職に強い」といった評判をよく耳にします。

また神戸女学院は附属の女子中学校(中高一貫)が関西屈指の難関かつお嬢様学校として名高いので、そういった点も含めた「名門」というイメージは根強いでしょうね。

このような実情を鑑みれば、神戸女学院を「産近甲龍と同程度」とみなされる日東駒専未満の大学だということはできず、同校は当ブログが定めるFランク大学の条件③を満たさないものと考えます。

スポンサーリンク?

内外の評判が非常に良い学校!

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/神戸女学院大学)

神戸女学院は1875年に創立された、長い歴史を持つキリスト教系の大学です。

「リベラルアーツ&サイエンス」「国際理解」「キリスト教主義」を教育の三つの柱に掲げており、バランスの取れた一人間の基礎を築くことを目指していますね。

女子大ということも相まって、学校自体のカラーがはっきりしている学校だと感じます。

文学部・音楽学部・人間科学部という3学部5学科から構成されている点も、いかにも女性が学ぶ大学らしいといったところでしょうか。

ちなみにキリスト教系の学校ということもあり、共通科目としての国際交流も盛んにおこなわれていますよ^^

さて、同校はキャンパス建築全体が「重要文化財・神戸女学院」の名称で重要文化財に指定されていることでも有名です。

緑の多い環境も好評で「学問と向き合うには最適の学校」「素晴らしいキャンパスに少人数の生徒。熱心な教授陣のもと、じっくりと自己成長が図れる」と、在校生・卒業生たちからも好意的な口コミが多く聞かれます。

就職先としては金融業・保険業に多い傾向がありますね。

世間的な評価が高いだけでなく、実際に女子学生が通う学校としても、様々な魅力を持っていると評価できるでしょう!

関西(近畿)地方のFラン記事一覧はコチラ
中部(東海)地方のFラン記事一覧はコチラ

スポンサーリンク?