「2019 BTS SUMMER PACKAGE」の発売が決定し、期待の声が上がる一方で「サマパケは今年で最後らしい」との話が出回っています。

サマパケは「毎年恒例で制作されるもの」と捉えていたため驚いてしまったのですが、本当に今年が最後と決まっているのでしょうか?



公式に気になる案内が…

「SUMMER PACKAGE」はサマパケの愛称で知られる、BTSの夏をテーマにした写真集とDVDのパッケージです。

メンバーが海外の有名観光地等を訪れ、まるで夏休みを満喫するかのようにアクティビティ等へ挑戦する姿が収められており、「メンバーたちの素の表情を見ることができ、とにかく可愛い」「BTSの魅力が余すことなく詰まっているため、大変レア」であるとして、ファンの間でも絶大な支持を集めていますね。

それゆえ2019年版の発売を心待ちにしていたファンも大勢いるのに、今回で最後とは一体どういうことでしょう?

当初はBTSが人気者であるが故の根拠に乏しい噂話かとも考えたのですが、ソースはほかならぬ公式のアナウンスにありました。

2019 BTS SUMMER PACKAGEに絡む告知に、「最後のSUMMER PACKAGEを特別に韓国で撮影!」との記述が確かに盛り込まれています。

「今までのSUMMER PACKAGEを振り返る時間では、これまで撮影した写真を見ながら思い出を語り合ったBTS!」という紹介も総括といった感じで、終了をほのめかしているようですね。

残念ながら「サマパケが2019年で最後」という話は、根も葉もない噂でもなかったわけです。

スポンサーリンク?

今年が最後になる可能性大!?

ファンの間では「せっかく楽しみなお知らせが入ってきたのに、最後というワードが気になり過ぎてどうしたら良いか分からない」といった戸惑いの声が巻き起こると同時に、「夏が最後というだけで、次からは違う季節に発売するんだよね!?」「この夏最後の…というありがちな表現を使っただけで、深い意味はないと思いたい」等の希望的観測も持ち上がっていますよ。

ただやはり公式のアナウンスを見る限り、サマパケは「いったん」これで最後なのでしょう。

撮影の舞台がベースとなる韓国である点もフィナーレ感を煽っている感じがしますし、「最後にBTSのホームにて今までで最高の作品を仕上げ、サマパケの締めくくりとしよう」といった状況だと推察しますね。

そしてサマパケが終了する理由は、「ジンの兵役」を控えているためだと考えます。

作品のコンセプトもあり、メンバー皆がそろわないとサマパケをのこす意味がないというのが、制作者サイドの総意ではないでしょうか?

ただ将来的にメンバーが揃えば、これまでと全く同じではないにしろ、サマパケのような企画が再び立ち上がる可能性はかなり高いと考えます。

それゆえ、さきほど「いったん」と強調したわけです。

メンバーの望む環境が整ったときに、BTSの素顔を覗くことができる更に楽しいアイテムが登場すれば、ファンとしてもこれほどうれしいことはないですよね^^

BTSのファンミーティングとは?ライブとの違いも解説!
世界的な人気を誇る韓国の7人組ヒップホップグループ・BTS(防弾少年団)が、日本で5度目のファンミーティングとなる「BTS JAPAN OFFICIAL FANMEETING VOL.5 」...

スポンサーリンク?