反社会的勢力が主催する会合に出席していたなどとして、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊・宮迫 博之さんと、謹慎処分となっていたロンドンブーツ1号2号・田村 亮さんが7月20日、東京都内で記者会見を開きました。

2人の発言は経緯の報告のみにとどまらず、吉本興業の闇を暴くような部分もあり、大きな衝撃を以って迎えられましたね。

その中でもSNS等をチェックする限り、多くの視聴者が「今回の会見で、亮の『あの発言』が一番ヤバかったよな」と指摘している模様です。

あの発言とは、亮さんが涙ながらに口にした「僕がすごく不信に思ったのが、『在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから』と言われました。何が大丈夫か分からないですが…」という告発です。

ただ言い方が回りくどく、亮さん自身も何が大丈夫か分からないと語っていることから「結局この発言の真意って、何なの?」と戸惑っている方が大勢いるようですので、解説することにしました。



「在京5社・在阪5社」って!?

早速、「在京5社・在阪5社」の意味をひも解きましょう。

まず在京5社とは東京に本社を置く5つのテレビ局、すなわち「フジテレビ・日本テレビ・TBSテレビ・テレビ朝日・テレビ東京」のことです。

そして在阪5社は大阪の「朝日放送・毎日放送・関西テレビ放送・讀賣テレビ放送・テレビ大阪」を指しますね。

すなわちNHKを除く日本のテレビ業界の大勢を占め、絶大な影響力を持つ存在こそが、吉本がいうところの「在京5社・在阪5社」であると理解して良いでしょう。

それが吉本の株主なので大丈夫ということは、「日本のテレビ局は皆、吉本の株主…すなわち吉本に不利益なことはしない存在だから、会社側についていればお前たちの処遇も悪いようにはならないぞ」という意味合いだと捉えることができますね。

スポンサーリンク?

吉本とテレビ局はズブズブの関係?

もう少し深く考えると、吉本側は「テレビ局サイドが、大きな利益を生むウチの芸人を悪く報じられるわけがない」と高を括っているのでしょう。

確かに吉本と株主はパートナー関係にあるわけですし、持ちつ持たれつといえば聞こえはいいですが、一種の「ズブズブの関係」にあるとみることができそうです。

吉本サイドはそれをちらつかせながら、「ウチの会社は忖度してもらえるから大丈夫だ。心配せず言うとおりにしろ」と伝えているわけですね。

ただこれは裏を返せば、「吉本に離反すれば、お前らの今後はどうなるか分からないぞ」という脅し的な意味合いも含んでいる気がします。

折しもジャニーズ事務所が独立した元・SMAPのメンバーを出演させないよう、民放テレビ局などに圧力をかけていた疑いが報じられていることもあり、大手芸能事務所とテレビ局のいびつな関係性が注目を集めていますからね;

亮さんの発言は吉本だけでなく、主たるテレビ局全てにとっても「爆弾」だったわけです。

それを裏付けるように各テレビ局は記者会見の内容を大々的に報じながら、「在京5社・在阪5社」のパートはカットしているケースが多く見受けられます。

やはり何か、都合の悪い事情があるのかもしれません。

吉本興業が大名商売とは?殿様商売と同じ意味?ワイドナショーにて
雨上がり決死隊・宮迫さんとロンドンブーツ1号2号・田村 亮さんの闇営業を巡る記者会見を受け、7月21日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)はVTR部分を除きおよそ...

スポンサーリンク?