「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」のメンバー・吉野 北人さん。

イケメンなのにどこか天然な雰囲気もあって、絶妙に魅力的な男性ですよね^^

今回の記事では多くのファンが気になっている様子の、吉野さん「愛用香水」について詳しくまとめてみました!



ブルガリの香水を紹介!

吉野さんはブルガリ(BVLGARI)とシャネル(CHANEL)の香水を使い分けていると語っています。

そしてまずブルガリの香水は「オムニア アメジスト」で確定といって良いでしょう。

「月刊 EXILE」にて言及がありましたね^^

オムニア アメジストは「オムニア」というラインの人気香水で、バランスを象徴するアメジストにインスパイアされています。

見た目はアメジストを連想させる淡い紫色が美しく、容器もコロンと丸みを帯びていて、インテリアとして飾っておきたくなりますね!

オムニア アメジストは元来レディースのアイテムではあるのですが、上品かつ王道なフローラル系の香りが男性からも広く愛され、ユニセックスで定着しています。

非常に使いやすいくリピーターも多いため、吉野さんと同じ香りをまといたいというファンの方にもおすすめですよ♪

スポンサーリンク?

シャネルの愛用香水は…?

一方のシャネルの香水に関しては、ファンの間でも意見が分かれています。

一部には男性香水の定番中の定番で、芸能人にも愛用者が多い「エゴイスト プラチナム」を使用しているのではないかという説が流れていますね。

と同時に吉野さんの愛用品は同じシャネルでも「ブルー ドゥ シャネル」の方だろうという見立てがあり、私個人もこちらの説を推しています。

というのも、やはり「月刊 EXILE」にチラリと映っていた吉野さんのカバンの中に、ブルー ドゥ シャネルの容器と思しきものが確認できたんですよ!

エゴイスト プラチナムがシャネルらしい薄い黄みを帯びた色で透明の瓶に封入されているのに対し、ブルー ドゥ シャネルはその名のとおり、ほとんど黒に近いといっても良いくらい濃紺の外観をしているので、遠目からでも目立つのです。

さてブルー ドゥ シャネルは自由に生きる男性のエスプリを表現した香水で、シンプルで情熱的・そしてエレガンスな香りが時代を超越して愛されています。

ざっくりとした印象をいえば、ウッディ調の香りが強く、割とセクシーな感じといえるでしょうか。

ただあくまでもさわやかに仕上がっているので、女性にも愛用者はいますし、カップルで同じ香りを共有しながら楽しんでいる方も多いですよ^^

ということで吉野さん愛用の香水に関して具体的に紹介してみましたが、試したいアイテムと出会えたでしょうか?

ブルガリ・シャネルはともに言わずと知れたハイブランドで、香水もかなりお値段は張るものの、やはり質は高いですし、一つ手元にあれば何かと重宝するとは思いますね。

スポンサーリンク?