東進のCMって、毎回なかなか秀逸な仕上がりのものが多いな~、と思います。

派手なつくりではないのに、何となく心に引っかかるんですよね。

その理由を考えたときに、「役者さんのチョイスが良いのかな?」と思い至りました。

誰が見てもすぐに名前の浮かぶような方が出演しているわけではないんですけど、学生ならではの「みずみずしさ」を体現するような、好感の持てる俳優を起用している印象です。

現在放送されている「新年度特別招待講習CM」に出演中の男優さんも、やたらと目を引くような外見ではありませんが、じんわりと「この子、何だかいいな…」って思えるタイプだと思います。

大学に合格した姉を祝いつつ「次は自分の番だ」と思いを新たにする弟…という役どころなんですけどね。

動きやセリフはほとんどないのに、表情だけでしっかりと「弟の心情」を伝えることができています。

かなりの「演技派」であるとお見受けしましたが、彼の名前は何というのでしょう?他にも出演作があるのでしょうか?

早速、リサーチしてみました!

スポンサーリンク?

弟役の俳優は望月歩さん!

まずはCMをご覧ください。

リサーチしたところ、東進のCMにて弟役を見事に演じ切っていた俳優は、「望月 歩(もちづき あゆむ)」さんであると判明しました。

2000年生まれで現在17歳ということですから、CMの役柄にピッタリの年齢ですね!

先ほど、「目を引くような外見ではない」と書きましたが、よくよく見てみると、悪なく整った顔つきはかなりイケメンの部類です。

しかも、身長が179cmもあるそうです!

CM上ではひたすらおぼこく純朴なイメージだったため、大変意外でしたが、これも彼の「演技力」のなせるワザかもしれません。

スポンサーリンク?

「影のある役」が多い独特な雰囲気が魅力!

(画像引用:https://twitter.com/chibimari619/)

ちなみに私としては、彼の魅力は外見だけではなく、その独特な雰囲気だと感じました。

何となく影があるというのでしょうか、見る者に「深読みさせる」表情やたたずまいをするんですよ!

そこで、望月さんのこれまでのキャリアを調べてみたのですが、宮部みゆき原作の映画「ソロモンの偽証」にてデビューして以来、いじめられっ子や引きこもり役といった「影のある役」を多くこなしていることが分かりました。

こういった役どころって自分のものにするのがかなり難しいと思うのですが、視聴者からは、「演技がうますぎる」「彼の演じる役柄に余りにも引き込まれ、こちらまで苦しくなってしまった」と、高い評価が続出しているみたい!

やはり、かなり人を引き付ける才能を持った方のようですね。

そんな望月さんですが、近年はCMのみならず、映画やテレビドラマ、舞台・バラエティと、活躍の場をどんどん拡げていっているみたいです!

ここ最近では、ドラマ「アンナチュラル」の第7話にゲスト出演し、「死体の謎をミコト(石原さとみ)に突き付ける少年」という重要な役を熱演しました。

メディアへの露出が多くなるにつれ、「望月歩が気になる!」という方の数は着実に増加しているようですから、「主演」としてその活躍を目にする日も近いかもしれません。

これは、今から要チェックですよ!

スポンサーリンク?