ブルーハーツ・ハイロウズ・クロマニヨンズの違いを解説!

日本の音楽シーンにおいて、ブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズの3つのバンド日本のロック音楽シーンにおいて非常に重要な存在であり、それぞれが異なる時期とスタイルを持ち、それぞれ独自の音楽を作り上げてきました。

今回はこの3つのバンドについて、特徴や活動時期などをピックアップしてどのように違うのか解説したいと思います。

ちなみに全てのバンドで共ボーカルの甲本ヒロト(ヒロト)とギターの真島昌利(マーシー)が中心人物として在籍しています。

ヒロトとマーシーはブルーハーツを結成し、その後ハイロウズを結成、そして最後にクロマニヨンズを結成しました。

それぞれのバンドがどのように発展し、どのように違うのかを理解するために、各バンドの歴史と音楽スタイルを具体的に見ていきましょう。

3バンドの経歴

まず、ザ・ブルーハーツについて説明します。ブルーハーツは1985年に結成され、1987年にメジャーデビューを果たしました。

彼らの音楽はパンクロックに大きく影響を受けており、Sex PistolsやThe Clash、Ramonesと比較されることが多いです。

彼らは日本で非常に人気があり、多くのヒットシングルを出しました。

特に「Train-Train」や「リンダリンダ」は非常に有名で、カラオケマシンにもしばしば見られます。彼らはまた、その反体制的な態度で知られ、テレビから一年間追放されるなどの論争も引き起こしました。

ベースは河口純之助、ドラムは梶原徹也になります。

次に、ザ・ハイロウズについて見ていきましょう。ハイロウズは、ブルーハーツの解散後にヒロトとマーシーが結成したバンドで、1995年から2005年まで活動していました。

ハイロウズの音楽は、ブルーハーツのパンクロックから少し離れ、よりポップでメロディアスなサウンドへとシフトしました。

しかし、ハイロウズはブルーハーツと同じくヒロトとマーシーの個性的な歌詞とパワフルなパフォーマンスで知られていました。

ベースは調先人、ドラムは大島賢治、キーボードが白井幹夫になります。

そして最後に、ザ・クロマニヨンズについて説明します。

クロマニヨンズは、ヒロトとマーシーが2006年に結成したバンドで、ハイロウズの活動が停止した後に始まりました。

クロマニヨンズは、ローリング・ストーンズのライブを見た後にバンド名をつけました。

彼らは2006年の夏に全国各地の音楽イベントに名前なしで出演し、その後、初めてのツアーを開始しました。クロマニヨンズは、活動開始以来、積極的に曲を書き、ツアーを行っています。

ベースは小林勝、ドラムは桐田勝治になります。

おススメのバンドはどれ?

3つのバンドは、音楽スタイルや活動期間、メンバー構成に違いがありますが、すべてヒロトとマーシーという二人のメンバーを中心に結成され、その独自の音楽を作り上げてきました。

個人的には、ブルーハーツはパンク、ハイロウズはハードロック、クロマニヨンズはその間といった感じの音楽性だと思います。

歌詞の面ではブルーハーツは分かりやすい内容で多くの若者に支持されましたが、ハイロウズの歌詞は抽象的でシュールな内容が多くいです。

クロマニヨンズの歌詞はヒロトとマーシーのキャリアや年齢的な面もあってかシンプルな内容が多いです。

どのバンドが良いかはその人の好みによると思いますので、本記事を参考に聴き比べてみると面白いと思います。

また、それぞれのバンドが持つ個性や特徴を理解することで、ヒロトとマーシーが日本のロック音楽シーンにどのような影響を与えてきたかが見えてきます。

この記事へのコメント一覧

この記事へのコメントはありません。

あなたのコメントをどうぞ!