ショップジャパンが販売する、巻くだけで腹筋を鍛えられるEMS機器「スレンダートーン フィットプラス」のPR動画が気になります。

でっぷりお腹に悩んでいた元プロ野球選手のパンチ佐藤さんが出演し「1か月引き締めチャレンジ」に勤しんでいるのですが、目に見えた成果を上げた佐藤さんが狂喜しながら繰り返し叫ぶ「ダイナマイト!」というフレーズがとにかく耳に残るんですよ^^;

ショップジャパン 元プロ野球選手パンチ佐藤「スレンダートーンで目指せ!でっぷりお腹解消」の動画(YouTube)はコチラ

前後の文脈もなく突如として登場する単語に「ダイナマイトって、どういう意味合いで使われているの?」と首をかしげている方が多くいらっしゃる様子でしたので、詳細に迫りました。



そもそも「ダイナマイト」の意味って?

(画像引用:https://punch-sato.com/index.html)

そもそも「ダイナマイト(dynamite)」は爆発物のダイナマイトを示す単語ですが、「強烈[刺激的]な人[もの]」との意味合いを含む名詞や、「ものすごい・素晴らしい・抜群の・最高の」といった形容詞としても使用されますね。

既に死語となっている気もしますが「セクシー・ダイナマイト」といった表現が日本にも浸透しているので、何となくニュアンスは理解できる気がします。

良い意味で強烈な・素晴らしいものをたたえるときに登場するワードであり、実際に佐藤さんも世間的な認識と同じ用法で口にしている模様です。

ただ佐藤さんの場合はこちらの言葉にかなり固執しているようで、今回の動画に限らずテレビ番組等でも折に触れて「ダイナマイト!」と叫んでいるんですよね…。

その点が気になって更にリサーチを進めると、ダイナマイトは佐藤さんにとって特別なワードであることが判明しました。

スポンサーリンク?

「ダイナマイト」はあの人の言葉だった!

現役のころからタレント的な立ち位置で人気を博していたきらいはありますが、佐藤さんは正真正銘の元プロ野球選手です。

そして佐藤さん曰く「ダイナマイト」というフレーズは、阪急ブレーブスの闘将として知られた「上田 利治監督」が、試合中に素晴らしいプレイが出ると叫ぶ言葉だったそうなんです!

上田監督は「エエで~♪」というニュアンスで、好んでダイナマイトと口にしていたようですね。

それゆえ佐藤さんはダイナマイトと叫ぶたびに上田監督の姿を思い出し、その叫び声に励まされた日々や熱い心を呼び覚まされて、奮い立つそうなのです。

元気のないとき・気合いが入らないときにもこちらのワードを叫べば、自然とラッキーな風が吹いてきたとも語っていますね。

なお佐藤さんは「流行語大賞とか一発ギャグで流行らせようとしたのではない」と説明しており、あくまでも自身にとって大切な言葉・あるいは魔法のワードとして、ダイナマイトという表現を使い続けているといいます。

なるほどユニークな一面ばかりが取りざたされる佐藤さんですが、何気なく思えた言動には深い理由が秘められていたわけですね^^

スポンサーリンク?