シエンタCMのロケ地はどこ?歌手も調査!渡辺直美出演

公開日:更新日: コメントなし

TOYOTA・シエンタのCM「もっとふだんをアゲる篇」を眺めていると、ワクワクしてドライブに出掛けたくなります^^

渡辺 直美さんが車を走らせる街並みが素敵ですし、「♪買い物だって ジム気分 ふだんをアゲる Sienta」というCMソングも、爽やかに心へ響きますね。

SNS等をチェックしたところ、私以外にもロケ地やCMソングが気になっているという視聴者の方が大勢見受けられたので、関連情報をまとめました。



CMのロケ地はテーマパーク!?

既に大勢の方が指摘していらっしゃいますが、今回のCMはCGを織り込みつつ、人工島の和歌山マリーナシティに所在するテーマパーク「ポルトヨーロッパ」で撮影されたものと思われます。

ポルトヨーロッパは地中海を再現したテーマパークで、ポルトヨーロッパゾーンと遊園地ゾーンの2つの地区から成りますね。

数々のアトラクションに併せ、本当にフランスにいるかのような街並みや、スペインの古城をイメージした建造物を楽しめるため、“インスタ映え”に打ってつけのスポットとして人気です。

コスプレ撮影も許可されていますから、数々のフォトスポットを目当てに同テーマパークを訪れるファンが後を絶ちません。

絶叫系が苦手な方でも楽しめますし、和歌山のテーマパークといえばポルトヨーロッパと称されるほど、子ども・大人を問わず人気のスポットですよ^^

ちなみにポルトヨーロッパはその美しいパーク内の景観から、様々なCMやドラマのロケ地として重宝されています。

JR和歌山駅からバスに乗車(和歌山バス・42号系統マリーナシティ行き)し、マリーナシティという停留所で降りてすぐの場所にあるので、足を運びCMのような“映える”画の撮影に興じるのも一案でしょう。

スポンサーリンク?

CMソングの詳細が知りたい!

続いて、CMソングの話題に移りましょう。

各種SNSや掲示板に目をとおすと、シエンタのCMソングが好きという方はかなり多いですね!

特に「特徴ある男性ボーカルが好み」と、歌い手を称賛する投稿が散見されます。

そこで深掘りしてみたところ、シエンタのCMソングを歌うのは、東京/神奈川を中心に活動するシンガーソングライター・小野 雄大(おの ゆうた)さんであると分かりました!

小野さんは1990年7月9日生まれ・新潟県新潟市の出身で、2010年にスリーピースロックバンド「葉隠忍法帳」を結成後、2013年にはうってかわってアコースティックスタイルの「うたたね」を結成しました。

2014年よりソロとして本格的に弾き語り活動を行うようになり、2015年には初のワンマンライブを成功させていますね。

人が生きる日々に抱く葛藤や苦悩・喜びや悲しみ、あらゆる情景を言葉に変えてどこまでも優しくあたたかい声で歌う小野さんのスタイルとメロディーは、日本人ならではとも言える哀愁を誘い、聴く人の心に様々な情景を映し出します。

生まれ持った“声”が大きな魅力という点については、シエンタの歌がほんの短いパートながら多くの人々の心をがっちりつかんでいる状況からも、伺い知れるというものですね。

小野 雄大さんのTwitter
小野 雄大さんの公式ホームページ
小野 雄大さんのアメブロ
小野 雄大さんのYouTubeチャンネル

ちなみに歌詞の内容から予想はしていましたが、シエンタのBGMはCM用のオリジナル・ソングになりますよ!

タイトルはずばり「ふだんをアゲる Sienta」といい、車名をストレートに盛り込みながら、Sientaを走らせれば普段の買い物がジムに・待ち時間がカフェに・送り迎えがフェスに様変わりすると高らかに歌い上げていますね。

演奏・作曲・編曲を務めたのは、平野 航(ひらの わたる)さんという方です。

同楽曲からは、「毎日に必要なクルマだからこそ、やるべきことを、楽しく変えていこう」というコアなメッセージが伝わってきますね^^

「ふだんをアゲる Sienta」は以前からシエンタのCMソングに起用されていますが、初登場からしばらく経った現在でも、新たなファンを生み出し続けている模様です!

トヨタイムズCM車種とカメラを紹介!香川照之が社長にインタビュー
昨年から始まった「トヨタイムズ」の2020年版・新CMが公開されました!今回のCMは俳優の香川 照之さんが豊田 章男社長の運転する車に乗り、二人だけの時間を・二人だけ...

ヤリスCM曲と歌手を調査!アスリート篇が2019年12月末より放送中
昨年末から放送されている、TOYOTAの新型車・ヤリスのCM「YARIS&GO! アスリート篇」のBGMがオシャレでかっこいいです!思わず走り出したくなるような音楽で、車のCM...

スポンサーリンク?