SNSや掲示板を眺めていると、「椎名 林檎の歯が黄色すぎる!」との指摘をよく見掛けます。

年を重ねても衰えぬ美貌とスタイル・エネルギッシュなパフォーマンスを維持しているからこそ、黄色い歯が悪目立ちする点が気になって仕方ない方が大勢いらっしゃるようですね;

そして歌番組の歌唱シーンをチェックすると、なるほど椎名さんの歯はかなり黄ばんでいることが確認できます。

一体なぜ、彼女の歯は多数の指摘が上がるほど黄色く変色してしまったのでしょうか?



どうして歯は黄色くなってしまうの?

多くの場合、歯に染み付いた黄色い汚れの正体は、食物に含まれているポリフェノールなどが唾液の中のたんぱく質と結合した「ステイン」というものです。

単純にカレーやキムチといった色の濃い食べ物やコーヒー等の飲み物を摂取すると、ステインは付着しやすくなるので、こういった飲食が多い場合には要注意ですね。

またアルコール等の影響で歯の表面が乾いていたりすれば、よりステインは増えやすくなります。

ただ黄ばみの原因はそれだけではなく、ステインよりも粘着力が高く、さらに歯を黄ばませる働きが強いものが、たばこの「ヤニ」です。

表面に付着し留まってしまった汚れは、時間が経つと歯の表面を覆うエナメル質の中まで浸透し、どんどん落ちづらくなっていきますね。

加えて歯の表面を覆っている半透明のエナメル質が加齢とともに段々とすり減って薄くなり、そのすぐ内側にある黄色い象牙質の色が目立つようになるのも、黄ばみの原因です。

その他、子どものころに服用した抗生物質の副作用により、歯が黄色くなってしまうケースもあるそうですよ!

ちなみにエナメル質の厚さや象牙質の色には個人差があるので、歯の色には持って生まれた“内部要因”も影響するのですが、やはり先に上げたような黄ばみの進行を加速させる “外部要因”を多く持つ方は、歯が黄色くなりやすいでしょうね…。

スポンサーリンク?

椎名 林檎の歯はなぜ黄色い!?

当然ながら、椎名さんは自身の歯が黄色い理由について具体的な理由など明かしていません。

ただ禁煙に成功したという話も聞きましたが、彼女がたばこを嗜んでいたことは周知の事実ですし、コーヒーを題材にした楽曲だって存在しますよね。

いつまでも若々しいとはいえ、椎名さんはある程度年齢を重ねてもいらっしゃり、やはり歯が黄色くなる要因は幾つも持ち合わせているように見受けられます。

そして個人的な見解をいえば、彼女の「歯並び」も汚れが目立つ一因のような気がしていますよ;

椎名さんの口元を注視すると、その歯は割と細いといいますか、いわゆる「すきっ歯」気味だと感じます。

ちなみに私も生まれつきのすきっ歯なのですが、歯の隙間が多い分だけ食べ物が詰まりやすく、入念にブラッシングしなければ即・汚れが蓄積してしまうのです!

歯科医からも、すきっ歯は虫歯になりやすいと注意を受けました^^;

そのように考えると、椎名さんは歯に黄ばみが残りやすい習慣等を幾つか持っており、且つ手入れしづらい歯並びをしていると考えることはできないでしょうか?

“それならば、せめて歯並びの矯正等を施せば?”との声が聞こえてきそうですね。

そのような意見も一理あるものの、一定レベル以上の歌手は、歌のパフォーマンスに大きく影響する「歯」をいじることをためらう向きがあります。

やはり歯並びの変化は、音の響き方や歌い方の違いに直結しますからね。

SNSをみると「椎名 林檎の歯、黄色過ぎて気になる。せっかく素晴らしいアーティストなのだから、そこは気を配ってほしいかな」「椎名 林檎レベルになると、お金は十分持っているだろうに、何か手を打つべきでは?」といった手厳しい意見が散見されるものの、何かしらすぐには改善できない理由があるのかもしれません。

スポンサーリンク?