小田急ロマンスカーのCM「きょう、ロマンスカーで。2019秋『勤続10年の秋』篇」が、温かく胸を打つ仕上がりで素敵です。

きょう、ロマンスカーで。2019秋「勤続10年の秋」篇のCM動画はコチラ

大人の女性同士が紡ぐ友情に重ね、風情ある佇まいの旅館と庭園が映し出され、思わず旅行したい衝動に駆られます。

ロマンスカーのCMではお馴染みのBGMも、何度聞いても良い曲ですよね^^

CMを眺めるうちに詳細な情報が知りたくなってきたので、旅館の名称とCMソングのタイトルについてリサーチしてみました。



CMに登場する旅館の名前は?

(画像引用:https://www.yoshiike.org/)

箱根の情報を当たってみたところ、今回のCMに登場する旅館は「箱根湯本温泉 吉池旅館」ということが分かりました!

お庭が余りに見事なため、「旧○○邸」みたいな感じの観光地を切り取っている可能性も考えたのですが、箱根で実際に営業している旅館ということで間違いありません。

同旅館の公式サイトをみると、「吉池旅館は、小田急ロマンスカー2019秋 広告の撮影に協力致しました」との案内も掲載されていますよ^^

吉池旅館は、箱根湯本駅から徒歩7分の場所に位置する創業79周年の老舗です。

源泉が直接流れ込む温泉が自慢で、一万坪に余る回遊式庭園も見どころの一つとなっていますね。

宿泊に掛かるお値段は予想どおり安くはないようですが、「日帰り温泉」としても利用可能らしく、評判も良い様子でした。

それこそ、ロマンスカーに乗って日帰りの旅に出かけるのも良さそうです。

スポンサーリンク?

CMソングの概要をチェック!

(画像引用:https://www.odakyu.jp/romancecar/features/line_up/)

続いてCMを彩る優しい楽曲は、「ロマンスをもう一度」という作品になります。

タイトルも素敵ですよね!

小田急ロマンスカーのコマーシャルソングとして長らく起用され続けている同曲は、作詞を上野 泰明さん・作曲を葛谷 葉子さんが手掛けており、ボーカルはその時々によって変更されています。

今回歌唱を務めるのは、青葉 市子さんとおっしゃる方ですね。

なお「ロマンスをもう一度」は、キャンペーンのプレゼント用として非売品CDが数回制作されたものの、永らく一般発売はありませんでした。

その後、初代ロマンスカーの3000形「SE」のデビューから丁度50年を迎えた2007年のタイミングにて作曲者である葛谷さんが歌うバージョンがCD化され、小田急のグッズショップ「TRAINS」・小田急百貨店・駅の売店・小田急グループのホテル等で限定発売されたのですが、現在は入手困難になっているらしく、中古品が高値で取引されるケースもあるようですね;

車内放送前のチャイムに採用されるなど、ロマンスカーを象徴する音楽として多くの人に愛されていることは確かですから、改めてCDを発売すれば一定の売り上げが見込める気もします。

いずれにせよ、こちらの曲を軸に幾つもの心に残るCMが生み出され続けていることは間違いありません^^

スポンサーリンク?