毎日テレビにかじりついて平昌オリンピックを観戦している私。

試合の後にはその余韻に浸りながら、表彰式までしっかりチェックしています^^

と、その際に一つの疑問がわいてきました。

表彰台に上がる選手たちの首元に、オリンピックの象徴ともいえるメダルが掛けられず、その代わりとしてぬいぐるみが授与されているのです!

これは一体どういうことなのでしょう。

メダルはいつもらえるのでしょうか?

スポンサーリンク?

「ベニューセレモニー」と「ビクトリーセレモニー」

(画像引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

調べてみると、平昌オリンピックの表彰式には2つの種類があることが分かりました。

一つ目は、競技終了直後に競技場で行われる「ベニューセレモニー」

ここでは、メダルを受賞した選手の紹介や、記念品の授与が実施されます。

私が見ていたぬいぐるみを渡す表彰式は、このベニューセレモニーだったというわけですね!

そしてもう一つの表彰式は、「ビクトリーセレモニー」と呼ばれるものです。

競技の翌日に平昌オリンピックプラザの「メダルプラザ」で開かれ、会場の名称が示す通り、メダルの授与はここで行われます。

国旗掲揚や国歌演奏も実施されるので、私たちが想像するお馴染みの「表彰式」は、ビクトリーセレモニーに当たると考えて差し支えないでしょう。

表彰式が2回に分けて行われていたということで、今回の疑問はスッキリ解決です。

スポンサーリンク?

平昌オリンピックの公式マスコット「スホラン」

それにしても、ベニューセレモニーで選手に手渡されているぬいぐるみ!

あれ、可愛くないですか!?

併せて調査したところ、こちらのキャラクターは「スホラン」といい、平昌オリンピックの公式マスコットであることが分かりました。

守護者を象徴する「白虎」をモチーフにしたキャラクターだそうですよ。

虎と言っても、ちょっととぼけた感じの表情が親しみやすく、「ゆるキャラ」っぽい雰囲気もあって、日本においてもひそかに人気上昇中みたいです♪

ちなみにこの後行われるパラリンピックの表彰式においては、スホランの相棒である「バンダビ」のぬいぐるみが授与されるとか!

バンダビは、「ツキノワグマ」をモチーフにしたキャラクターで、熊が韓国で神聖視されていることから発案されたそうです。

スホランと同じく、愛嬌のある笑顔が印象的で、幅広い年代に支持されるのではないかと思いました。

公式キャラクターのぬいぐるみは、韓国の大手免税店である「ロッテ免税店」のオンラインショップから購入もできるようです。

「ロッテ免税店」の公式オンラインショップ

あなたもここからぬいぐるみをゲットして、メダリスト気分に浸ってみては!?

スキージャンプ(平昌オリンピック)の緑線はなに?なぜ夜中開催?
いよいよ始まった平昌オリンピック。連日様々な競技で白熱した戦いが繰り広げられていて、目が離せませんよね!特に、4年前に行われたソチオリンピックの雪辱を果たし...

小平奈緒と高木美帆は仲が悪いって本当?真相を調査してみた!
14日に行われた、平昌五輪・スピードスケート女子1000メートル。金メダルこそ逃したものの、小平奈緒選手が銀メダル、高木美帆選手が銅メダルを獲得し、「日本のダブル...

宮原知子に低い点数をつけた審判は韓国人なの?徹底調査してみた!
(画像引用:https://twitter.com/Sankei_news)フィギュア団体戦の女子ショートプログラム(SP)に出場した宮原 知子選手の点数が、大きな議論を巻き起こしています。...

平昌オリンピックの日本のユニフォームがダサい?デザイナーは誰?
連日、私たちに大きな感動を与えてくれている平昌オリンピック。羽生・宇野両選手によるメダル獲得の瞬間は、特に興奮したなぁ~^^今回は競技の話題を少し離れ、選手た...

スポンサーリンク?