韓国で大ヒットしたオーディション番組・PRODUCE 101の日本版となる「PRODUCE 101 JAPAN」が、練習生たちの様々なコンテンツを発信し始めています!

9月25日24時1分からテレビ番組「PRODUCE 101 JAPAN」(TBS系・関東ローカル)が、そしてGYAO!のインターネット動画番組版が9月26日午後9時から配信スタートとなるため、放送自体はもう少し先なのですが、オフィシャルサイトには既に練習生一人ひとりのページができて動画や写真等もアップされているので、ファンたちは大いに盛り上がっていますよ^^

SNS等をチェックすると、自作の「推しメンメーカー」を通じてお気に入りの練習生を披露する方も非常に多く見受けられ、目をとおしていくのが楽しいです。

それにしてもこの推しメンメーカーって、皆さんはどうやって仕上げているのでしょう?

クオリティの高さから共通の「作り方」があるものと推察されるため、調べを進めてみました。



推しメンメーカーはここで作れる!

(画像引用:https://produce101japan.github.io/)

リサーチの結果、Twitter等で見掛ける推しメンメーカーは共通のサイトで作られていることが分かりました!

こちらの「PRODUCE101 JAPAN 推MENメーカー」を使えば、「TOP11」までを掲載した推しメンメーカーを作ることができますね^^

非公式ではあるようですが、画面左のリストから好みのメンバーをチェックしていくだけで非常に見やすい画像が仕上がるため、とにかく多くのファンが利用していることは確かです。

ただし同番組は韓国版に倣って101人の練習生の中からデビューメンバーを視聴者投票によって選抜し、日本の国民プロデューサー(視聴者)によって選ばれたファイナリスト11名が2020年にデビューを果たすというプロジェクトなので、「現時点で11名に絞るのは難しすぎる!もっとピックできる数を増やして;」との要望が多く寄せられています^^;

スポンサーリンク?

今後の展開から目が離せない!

「PRODUCE 101 JAPAN」の合宿は、やはり韓国で放送されたPRODUCE 101シリーズと同様に、韓国・パジュにある英語村にて実施されています。

日韓関係の悪化が懸念されて久しいだけに「時期が悪いのでは?」と懸念する声もあるようですが、すでに注目のメンバーは幅広い媒体で取り上げられており、その魅力・実力も確かであることから、番組に寄せられる期待は大きいです。

ちなみに私個人的として特に気になっているのは、「ツカメ~It’s Coming~」のMVでセンターを務めた練習生の川尻 蓮さんですね!

やはり肩入れするメンバーができると番組もより一層楽しめると思いますので、今回紹介した「PRODUCE101 JAPAN 推MENメーカー」を利用して状況を整理しながら、放送に備えてみてはいかがでしょうか。

とにもかくにも現時点でこれほどの盛り上がりをみせている「PRODUCE 101 JAPAN」、今後の展開からも目が離せません!

スポンサーリンク?