ピアスを開けたいけれど、お金を掛けずにサクっと済ませたい。

そんな方の強い味方が、セルフで使う「ピアッサー」です。

今回はピアッサーの利用を検討している皆さんに向け、販売場所や使い方等、事前に押さえておきたいアレコレを端的にまとめてみました。



どこで購入できる?オススメは!?

ピアッサーは比較的、容易に購入できる商品です。

さすがに100均やコンビニにはありませんが、マツキヨといった大きめのドラッグストアには軒並みラインナップされていますね。

またドン・キホーテ等のアクセサリーコーナーにも併せて陳列されていることが多いです。

加えてアマゾンをはじめとする通販サイトも豊富な種類を取り扱っているので、いろいろとチェックしてみてください^^

ピアッサーはお値段もお手頃ですよ!

商品によって多少のバラツキはあるものの、両耳分を揃えて1,500円程度が相場ですから、病院などで数千円から1万円を払って施術してもらうことを考えれば、かなり割安であるといえるでしょう。

私が特にオススメしたい製品は、「ピナック2(PINAC Ⅱ)」ですね。

高性能バネと長めのポストを採用したこちらの製品は「あまり力を入れなくても閉じるような感覚で穴が開くため使いやすく、痛みも残りにくい」と好評で、通販サイトでも人気上位にランクインしています。

スポンサーリンク?

ピアッサーの正しい使い方を紹介!

ピアッサーの使い方に関しても、特段難しいことはありません。

多くの方が「ホッチキスのように、バチンとやって終わり」とのイメージをお持ちでしょうが、基本的にはそれで間違いありませんね。

ただしより万全を期すため、今回はもう少し詳しい手順をご紹介したいと思います。

まずは実際の作業に取り掛かる前に、薬用せっけんでピアスを開ける部分の耳と手をきれいに洗っておきましょう。

耳については、消毒までしっかり行ってください。

次に、鏡を確認しながらピアスを開けたい位置に印を付けます。

この作業をきちんと行うことで、「感覚的に開けたら、左右のバランスがおかしい」「好みの場所に開いていない」といったミスを予防できますよ^^

準備が万端に調ったら、いよいよ滅菌パックからピアッサーを取り出し、机に肘をついて手の位置を安定させた状態で耳たぶをはさみます。

先ほどマーキングした部分にファーストピアス針の先端を合わせ、鏡を見て斜めになっていないかチェックしましょう。

角度に問題がなければ、ピアッサーをにぎって一気に裏まで貫通させます。

キャッチに針が刺さっていることを確認したら、ピアッサーを耳から外して完成です!

耳に穴を開けるとはいえ割とあっけなく終わるので、拍子抜けする方も多いかもしれません。

ぜひ、参考にしてみてください^^

スポンサーリンク?