つい先日、冷蔵庫に常備している大好きなアイテム「ギリシャヨーグルト パルテノ」のパッケージがリニューアルしたことに気付きました。

これに伴い、テレビCM「ギリシャのしずく 篇」もO.A.されているようですね。

ギリシャヨーグルト パルテノ 『ギリシャのしずく』篇のCM動画はコチラ

CMではギリシャ・ティノス島を舞台に、おばあさんが丁寧にヨーグルトの水切りをする様子が描かれているのですが、美しい風景と同じくらいにBGMが注目を集めています。

SNS等をみると、パルテノのCMソングを耳にして「何となく聞き覚えがあるような…」と引っ掛かりを感じる方が続出しているんですよ!

そこで今回はパルテノのCMソングに関して、詳細を調べてみました。



BGMは「グランディア」の音楽!?

パルテノの公式サイトやリニューアルに絡むプレスリリースをみても、BGMについては一切言及がありませんでした。

よって曲のタイトルや手掛けたアーティストも不明なのですが、多くの方は「グランディアの音楽と同一ではないか?」と指摘していますね。

グランディアは、ゲームアーツが1997年に発売したセガサターン用のRPG作品です。

その中で「雪の村レーヌ」の音楽として登場していた曲が、確かにパルテノのBGMと瓜二つなんですよ!

グランディア – 雪の村レーヌの動画(YouTube)はコチラ

2曲を聴き比べるとテンポこそ違いますが、元は同じ曲といっても差し支えないレベルで似ていますね…。

相当な数の人が「CMでグランディアの音楽が流れている!」と投稿している状況も、頷けるというものです。

ただグランディアの音楽がベースになっているとのアナウンスもありませんので、偶然の一致か否か、真相を知ることは叶いませんでした。

スポンサーリンク?

元となるメロディが存在するの…?

なおパルテノのBGMに関しては、他にも似ているとされる楽曲が存在します。

例えば台湾のアーティスト・周杰倫が歌う「麦芽糖」という作品の前奏部分も、同じような感じに聞こえますね。

周杰倫 – 麦芽糖の動画(YouTube)はコチラ

こうなってくると、それぞれの音楽がベースとして採用した「原曲」のようなものが存在するかもしれないと考え、更に調べを進めたのですが、やはりはっきりしたことは分かりませんでした。

ただ今回のメロディは、ギリシャ地方の音楽によくみられるものだという説を見掛けましたよ。

ある種の民族音楽的なものを参考にしているのであれば、全く違う楽曲が同じような仕上がりになったという事態にも説明はつきそうです。

それとは別に、CMのBGMはMacの大人気作曲ソフト「GarageBand(ガレージバンド)」にデフォルトで入っている音源を基に作られているとの指摘も目にしました。

なるほど、これもあり得そうな話ですね。

今回CMで流れているメロディは、多くの人の耳に残る普遍的な魅力を持った音の運びとして浸透し、同系統の楽曲を多数生み出しているのかもしれません。

スポンサーリンク?