オムニバスCDとは?コンピレーションとの違いや意味を解説!

オムニバスCDとコンピレーションCD、それぞれの特性と違いについて詳しく解説します。

この二つの音楽メディアは、複数の曲を1つのアルバムにまとめるという共通点がありますが、その選曲の意図や形式には大きな違いがあります。

オムニバスCDとは

オムニバスCDは、複数のアーティストによる曲を集めたCDで、その特徴は非常に広範で包括的な選曲にあります。

オムニバスという言葉自体が「総集編」という意味を持つ通り、オムニバスCDは、さまざまなアーティストやジャンル、時期の音楽を一つのアルバムに収録します。

これは、一つのアルバム内で幅広い音楽体験を提供することを可能にします。

オムニバスCDの作成目的はさまざまで、特定のレコード会社が所有するアーティストの曲を集めたり、特定の音楽イベントやフェスティバルに出演するアーティストの曲を集めることもあります。

また、特定の音楽ジャンルやテーマに沿った曲を集めることもあります。

オムニバスCDは、その包括性と多様性から、新しいアーティストやジャンルを探求する音楽愛好家にとって有用なツールとなります。

コンピレーションCDとは

一方、コンピレーションCDは、「編集」や「寄せ集め」という意味を持つ「コンピレーション」から名付けられ、特定の意図に基づいて選曲されたアルバムを指します。

コンピレーションCDの形式は多様で、あるアーティストの代表的な曲を集めたもの、特定のジャンルにおけるヒット楽曲集、あるテーマや雰囲気をもつ楽曲を収録したものなどがあります。

例えば、あるアーティストの「ベストヒット」や「シングルコレクション」のCDは、そのアーティストの最も知られている曲を集めたコンピレーションCDと言えます。

他には、「ラブソング」や「クリスマスソング」など、特定のテーマに基づくコンピレーションCDもあります。

オムニバスCDとコンピレーションCDの違い

オムニバスCDとコンピレーションCDは、共に複数の楽曲を一つのアルバムにまとめたものですが、その構成や目的には微妙な違いがあります。

まず、オムニバスCD(Omnibus CD)についてですが、オムニバスはラテン語で「全ての人々に対して」という意味を持つ単語で、多数のアーティストが参加して制作されるアルバムを指します。

オムニバスアルバムは一つのジャンルやテーマを共有し、それぞれのアーティストがそのテーマに基づいて曲を提供します。

オムニバスアルバムは、その出身地域や活動時期によってまとめられることもあります。

一方、コンピレーションCD(Compilation CD)は、英語で「編集」や「寄せ集め」という意味を持ちます。

したがって、コンピレーションアルバムは、一定の意図に基づいて編集されたアルバムを指します。

その形式は多岐にわたり、あるアーティストの代表的な曲を集めたものや、特定のジャンルにおけるヒット楽曲集、あるテーマや雰囲気をもつ楽曲を収録したものなどがあります。

例えば、「Greatest hits」や「best of」のような一つのアーティストの代表曲を集めたもの、特定のジャンルやテーマに基づく楽曲を集めたものなどがコンピレーションアルバムとしてリリースされます。

したがって、コンピレーションCDとオムニバスCDの主な違いは、その編集の意図とアーティストの数にあります。

オムニバスCDは、多数のアーティストが一つのテーマやジャンルを共有して制作されるアルバムであり、リスナーに対してそのテーマやジャンルの概観を提供することを目的としています。

コンピレーションCDは、一つまたは複数のアーティストの楽曲を集めたもので、その選曲の基準はアーティスト、ジャンル、テーマなど多岐にわたります。

まとめ

ここまで詳細に説明してきましたが、現在の音楽業界ではオムニバスCDとコンピレーションCDの違いは明確に分かれていないとも言えるでしょう。

個人的には複数のアーティストの音源をまとめたCDを「オムニバスCD」と呼び、その中でもある特定のテーマに沿って編集したオムニバスCDを「コンピレーションCD」と呼んでいるように感じます。

人によっては複数のアーティストやバンドの曲が入ったアルバムを「オムニバスアルバム」と呼び、単体のアーティストやバンドがあるテーマに沿った曲だけが入ったアルバムを「コンピレーションアルバム」と呼んでいる場合もあります。

レコード会社も明確な線引きはしていないため、正解は無いと言えそうです。

この記事へのコメント一覧

この記事へのコメントはありません。

あなたのコメントをどうぞ!