NCSとは?EDMとの違いを解説!

現在、多くの方の生活の一部になっているYoutube動画ですが、Youtubeの普及に伴い「NCS」という音楽用語を耳にする事が多くなりました。

「NCS」の音楽と聴いてみると「EDM」に似ている気がしたのですが違いはあるのでしょうか?

今回は「NCS」とは何の事で、どういった正式名称が略されたのかを解説したいと思います。

併せて、どの音楽ジャンルにカテゴライズされるのか、「EDM」との違いについても解説しています。

NCSとは?

(画像引用:https://www.leawo.org/jp/tips/ncs-1407.html)

まず始めに、NCSとは何かについて説明します。

NCSとは、「No Copyright Sounds」の略で、イギリスのレコードレーベルです。

この名称が示す通り、NCSは無著作権の音楽をリリースしており、特にエレクトロニック・ダンス・ミュージック(Electronic Dance Music、以下EDM)に焦点を当てています。

ここでの「無著作権」とは、音楽の著作権が放棄されているという意味ではなく、音楽が無料で使用でき、有料サービスを通じて音楽をサポートするオプションも提供しているという意味です。

そのため、NCSの音楽はYouTubeなどのプラットフォームで自由に使用でき、クリエイターにとって重要なリソースとなっています。

NCSとは何の音楽ジャンル?

次に、NCSがリリースする音楽のジャンルについて説明します。NCSは、主にEDMに焦点を当てていますが、その中でもさまざまなサブジャンルの音楽を提供しています。

これには、ハウス、ダブステップ、トラップ、ドラム&ベース、エレクトロポップなどが含まれます。

これらは全てEDMの範疇に含まれるジャンルであり、その中でも特定のビートやリズム、サウンドを特徴とするものです。

EDMとは?

そして、EDMとは何かについて説明します。

EDMとは、ナイトクラブやフェスティバルなどで主に使用される打楽器のエレクトロニックミュージックの広範なジャンルを指します。

EDMは、その音楽性の広さから、ダンスポップ、ハウス、テクノ、エレクトロ、トランスなど多くのサブジャンルを持ち、それぞれがさらに細かなスタイルに分かれています。

EDMの特徴は、シームレスなトラック選択と一つのレコーディングから別のレコーディングへのシームレスな移行を可能にするDJミックスです。

NCSとEDMの違い

(画像引用:https://icon.jp/archives/20022)

上記情報から、NCSとEDMの違いを理解することができます。

NCSとEDMは、それぞれ異なるカテゴリーに属します。

NCSは特定のレコードレーベルであり、主に無著作権のエレクトロニックダンスミュージックをリリースしています。

さらに、NCSがリリースする音楽は、EDMのサブジャンルに含まれるものが多いため、NCSの音楽はEDMの一部と見なすこともできます。

一方、EDMは音楽のジャンルであり、打楽器のエレクトロニックミュージックの広範なジャンルを指します。

これらの音楽は主にDJによってプレイバックされ、ナイトクラブ、レイブ、フェスティバルなどで使用されます。

したがって、NCSとEDMは異なる存在ではありますが、ある程度の関連性があると言えるでしょう。

また、NCSとEDMは、提供する音楽の著作権の状態が異なる可能性があります。

NCSは音楽を無料で提供する一方で、利用者が有料サービスを通じて音楽をサポートするオプションも提供しています。

これは、NCSがリリースする音楽が無著作権であることを意味します。

それに対して、EDMは著作権が保護された音楽を含む可能性があります。

NCSとEDMの楽しみ方

さて、NCSとEDMの違いを理解したところで、これらの音楽の楽しみ方についても少し触れてみましょう。

EDMは、その幅広いジャンルとスタイルにより、聴き手に無限の可能性を提供します。

あなたがテクノ、ハウス、ダブステップ、トラップ、ドラム&ベース、エレクトロポップなど、ある特定のスタイルを好むかもしれません。

また、DJによるライブパフォーマンスやフェスティバルでのEDMの体験は、そのエネルギーと一体感から、多くの人々にとって魅力的なものとなっています。

一方、NCSは、その無著作権音楽という特性から、音楽を楽しむだけでなく、自身のクリエイティブな作品に活用するためのリソースとしても利用されます。

YouTubeの動画やポッドキャスト、ライブストリーミングなど、あらゆるメディアで背景音楽や効果音として使用することが可能です。

また、アーティストが作品を広く共有するためのプラットフォームとしても機能しています。

以上が、NCSとEDMについての基本的な解説となります。

音楽の世界は非常に広く、多様なジャンルやスタイル、アーティストが存在します。

それぞれの音楽が持つ独自の魅力や特性を理解し、自分の好みや目的に合わせて音楽を探索し、楽しむことが大切です。

NCSとEDMは、それぞれ異なる概念ではありますが、共にエレクトロニック・ダンス・ミュージックという大きなカテゴリーの下で、音楽とクリエイティビティの世界を広げ、深める役割を果たしています。

それぞれが提供する音楽を通じて、新たな音楽体験やクリエイティブな表現の可能性を探求してみてください。

この記事へのコメント一覧

この記事へのコメントはありません。

あなたのコメントをどうぞ!