マルコメCMアニメ声優と作者を紹介!老夫婦篇(2020年1月より)

公開日:更新日: コメントなし

マルコメの新テレビCM「料亭の味 液みそシリーズ いつまでも一緒に篇」に感動する声が数多く寄せられ、“泣けるCM”として話題を呼んでいます。

こちらのCMはアニメで「料亭の味」ブランドの世界観を伝えるTV-CMシリーズの8作目に当たり、2014年から打ち出されている「みそ汁のある風景には家族の絆、あたたかさが存在する」というコンセプトのもと、現在の日本社会に生きる夫婦の愛情を描写した内容に仕上がっていますね。

料理好きだった妻が足を悪くしてしまい、夫が代わりに台所に立つようになって感じた“気づき”を軸に、お互いの気持ちを再確認できたことによって新しい日常に踏み出す夫婦の物語には、確かに涙を禁じ得ません。

CMという枠組みを超えて、上質なアニメ映画を鑑賞しているような気分にもなります。

一体こちらのCMは、誰が監督を務めた作品なのでしょう?

心に染み入るようなキャラクターの声が魅力的で、声優は誰なのかも知りたくなったので、併せてリサーチを進めました。



夫婦役を務めた声優は誰!?

まず夫である「道夫」の声を担当した人物は、その長いキャリアにおいて数々の映画やドラマに出演を果たしている俳優・峰 秀一さんになりますね。

実際の峰さんも道夫のように優しく品のある男性で、きれいにまとめられた白髪頭からは“老紳士”といった印象を抱きます。

峰 秀一のプロフィール

名前:峰 秀一(みね しゅういち)
生年月日:1940年3月3日
出身地:山梨県
身長 164cm
体重:60kg
スリーサイズ:B/96cm, W/78cm, H/90cm
足のサイズ:25.00
趣味:茶道、愛犬、筋トレ
所属事務所:オフィスMORIMOTO

続いて妻の「洋子」役を演じるのは、女優・声優として活躍を続ける寺内 よりえさんです。

寺内さんは劇団昴に所属して俳優活動を行いながら、声優としての仕事も精力的にこなしており、海外映画・ドラマの吹き替え等を担当するケースが目立ちます。

また2015年には国民的人気アニメ「サザエさん」に登場する磯野 フネ役の声優を、第1回放送以来46年間同務め上げた麻生 美代子さんから引き継ぎ、以降“日本のお母さん”たるフネの声を好演していますよ^^

起用の理由は、オーディションにオーディションを重ねた結果として寺内さんの声質やお芝居が“日本の古き良き母親像”にピッタリであったためといいますが、洋子役への抜擢についても同じような背景がありそうですね。

寺内 よりえのプロフィール

名前:寺内 よりえ(てらうち よりえ)
生年月日:1953年1月29日
出身地:東京都
所属:劇団昴


スポンサーリンク?

キャラデザ・作画監督を務めたのは?

さてマルコメはこれまでのアニメCMシリーズと同様に、アカデミー賞にて短編アニメーション賞を受賞した実績もある映像制作会社「ロボット」に今回の制作を依頼したそうです。

そしてアニメーション演出やキャラクターデザイン・作画監督を務めたのは、アニメーション監督・アニメーション演出家・アニメーターとして活躍する川又 浩(かわまた ひろし)さんであることが判明しました。

川又さんは1962年3月1日・神奈川県の出身で、根強い人気を誇る「しまじろう」の映画等に携わったことでも知られています。

なるほどアニメのクオリティが高いわけだと、納得がいきました^^

ちなみに今回のCMは音楽にもこだわっており、夫婦の歴史を表現するためにバイオリンとピアノのデュオによってノスタルジックなムードを演出したといいます。

加えて良質な音色を届けるため、どちらの楽器も100年前のものを使用したということで、制作者サイドの並々ならぬ情熱には驚かされるばかりですね。

ともあれ、1月26日から全国で放映を開始した同CMはYouTubeの広告動画にも採用されているのですが、「久しぶりに広告を飛ばさないで見入ってしまった」とのコメントも寄せられていますし、多くの方がCMのメッセージに心を動かされた様子ですよ!

スポンサーリンク?