人差し指と小指を立てるポーズの意味や名称を調査!ロックに関係している?

ロックやヘヴィメタルのライブ、スポーツなどで観客が人差し指と小指を立てるポーズをしているのをよく見かけます。

このポーズは何と呼ぶのでしょうか?また、意味はあるのでしょうか?

今回は人差し指と小指を立てるサインについて意味や名称、起源などを調べてみました。

「メロイック・サイン」は海外では「コルナ(Corna)」

人差し指と小指を立てるジェスチャーは「メロイック・サイン」と呼ばれています。

このサインは、ロックやヘヴィ・メタルのバンドのライブや写真撮影時によく見られます。

一部の人は「メタル(またはロック)っつたらメロイック・サインだ!」と直感的に使っているかもしれません。

このサインは、盛り上がりや興奮を象徴する定番のサインとして広く認知されています。

日本ではこのジェスチャーを「メロイック・サイン」と呼びますが、他の国では一般的に「コルナ(Corna)」と呼ばれています。

イタリア語で「角」を意味する言葉であり、日本ではあまり馴染みがありませんが、イタリア語の「malocchio」という言葉(邪視を意味する)が転じて「メロイック(maloik)」となったとされています。

メロイック・サインにはさまざまな意味が含まれています。

音楽だけでなく、スポーツ観戦などでも使われており、その解釈は多岐にわたるため、正確な意味は明らかになっていません。

しかし、最も有名な説の一つは、「魔除け」を表すものです。この説によれば、メロイック・サイン(コルナ)は邪気や不運を祓うためのジェスチャーとして使われていたとされています。

不運や絶望的な運命に見舞われたときに、このサインを掲げることで悪運を払いのけることができると信じられていました。

一方、親指を中に入れて隠すと、悪魔崇拝を意味するという説もありますので、注意が必要です。また、地中海地域ではこのジェスチャーが侮辱的な意味を持つこともあるため、留意する必要があります。

ロックでメロイック・サイン使われるようになった時期は?

(画像引用:https://hibi-zakkan.com/7703/)

ヘヴィ・メタルシーンにおいてメロイック・サイン使われるようになった時期は明確ではありませんが、このジェスチャー自体の起源は古代ギリシャまで遡ると言われています。

ただし、ヘヴィ・メタルシーンにおいてこのサインが一般的になったきっかけとして、Ronnie James Dio(ロニー・ジェイムス・ディオ)という人物が関わっています。

彼は「メロイック・サインをトレードマークとして使いファッショナブルにしたのは自分だが、このジェスチャーは昔からイタリアに存在し、祖母が『Malocchio(evil eye)』と言っていたものだ」と述べています。

つまり、この言葉が転じてメロイック・サインとなったのです。

KISSのGene Simmons(ジーン・シモンズ)も、1977年にリリースされたアルバム『Love Gun』のジャケットでメロイック・サインに似たポーズをしていましたが、これは彼自身が発案したものです。

現在、メロイック・サインは音楽への愛を表現するシンボルとして、世代を超えて受け継がれています。

特にメタラーを含む多くの人々に親しまれており、音楽イベントやスポーツ観戦などで使われます。

このシンボルマークは、数え切れないほどの人々の音楽への愛を象徴し、音楽と人々の絆をより強固なものにしていくでしょう。

この記事へのコメント一覧

この記事へのコメントはありません。

あなたのコメントをどうぞ!