コーセー・エスプリークの新アイテムを紹介する北川 景子さん出演のCMが、うっとりするような仕上がりです。

「赤の季節」編という名前のとおり真っ赤に染まった背景に、紅を引いた北川さんの美しすぎる顔立ちがよく映えて、思わず見とれてしまいます。

また、映像とマッチしたBGMがすごく良いですよね^^

しっとりとした男性ボーカルからは大人の色香すら漂っているようで、CMの洗練された雰囲気を更に引き立てていると感じます。

こちらの歌声は、某大物ミュージシャンのもののようにも聞こえますが…?

気になるCM曲が誰の何という作品なのか、リサーチしてみました!

スポンサーリンク?

BGMは久保田 利伸の「So Beautiful」

調べたところ、CMで流れていたのは久保田 利伸さんによる「So Beautiful」という作品であることが分かりました!

その印象的な歌声とずば抜けた歌唱力から、すぐに「久保田さんの作品だ」と気付いた方も多いことでしょう。

「So Beautiful」は久保田さんにとって3か月ぶりの新曲で、海外でのリリースを含めると実に通算45枚目のシングルとなります。

なお本作は、「LA・LA・LA LOVESONG」といった多数の名曲を世に送り出してきた久保田さんをしても会心の出来になっているそうで、「久々のビッグメロディ・ソング」との言葉から、創作者としての自信が伺えます。

スポンサーリンク?

温め続けたメロディをCMのために起用!

何でも「So Beautiful」のサビの原型は、1年ほど前には既に出来上がっており、久保田さんの中で大切に取っておいたアイデアだったそうです。

今回CMの依頼を受け、映像と相性の良い曲を複数制作したそうですが、最後まで頭の中で鳴りやまなかったのは、温め続けたこちらのメロディでした。

歌詞は、北川 景子さんのあまりに美しいCMカットを見ながら一気に書き上げたのだとか!

なるほど、「So Beautiful」というストレートな楽曲名にはそのような背景があったのですね^^

映像を見たのちに仕上げた作品というだけあり、まさにこちらのCMにピッタリの曲だと思います。

久保田さんは「曲作りに極上の刺激を与えて下さったコーセーさんに大感謝」とも語っていますから、北川さんの持つ女性本来の美しさに最高の演出が合わさり、それが更に名曲の誕生につながったのだと言えるでしょう。

そう考えると今回のCMは、流し見て消費するというよりも「一つの芸術作品」と言えるかもしれません。

CMで紹介されているティントルージュへの購買意欲も高まりますね!

ちなみに「So Beautiful」のカップリングには、フジテレビ系「バイキング」のテーマソングである「Make U Funky」が収録されています。

Sony Music Shopで11月5日より予約受付を開始し、11月21日には各音楽サイトでの配信がスタートするそうですから、今から要チェックですよ♪

スポンサーリンク?