近藤産興CMはいつから?モデル女性の今現在も調査!なぜ古いまま?

公開日:更新日: コメントなし

名古屋を中心とする愛知・岐阜・三重・静岡の東海エリアにおいて、建設資材から仮装衣装・着ぐるみ・イベントに至るまで、あらゆる商品のレンタル・リースを行っている「近藤産興」

「♪何んで~も 貸します 近藤産興」との歌詞が印象的な同社のCMは、おそらく東海地方にお住まいであれば、ほとんどの方が認知していると考えます。

それにしてもこちらのCM、一体いつから放映されているのでしょう^^;

CMに登場する3人の女性に目をやると、そのファッションやメイクは明らかに時代を感じさせるもので、かなり古くに制作されたCMと伺わせます。

それはそれで良い味を出していることも確かではありますが、CMの詳細や出演陣の今が気になると同時に、なぜ頑なに内容が変更されないのかという疑問もわいてきたため、リサーチを進めました。



近藤産興CMは30年以上O.A.中!?

(画像引用:https://www.kondo-sanko.jp/cm/)

三味線やマラカスなどを手にした3人の女性が、多数のダンサーを引き連れながら踊り歌うという独特のCMは、どうやら1987年から放映されているようです。

地上デジタル放送への完全移行後は、左右に「何んでも貸します」と文字が入った静止画の中央に従来のCM映像を当て込むかたちで、引き続きお茶の間の視線をくぎ付けにしていますね。

長い歴史においては幾度かの変更が入ったことも確認されていますが、基本構成だけはどれも現在放送中のものと同じで、30年以上の長きにわたりほぼ変わらぬ内容で放送され続けていることから、“東海地方・名物ご当地CM”の地位をすっかり確立したといえるでしょう。

愛知県出身のお笑いコンビ・スピードワゴンが全国ネットの「秘密のケンミンSHOW」でCMソングを歌ったり、「探偵!ナイトスクープ」においても調査依頼対象とされるなど、その不思議な魅力はエリア外においても少なからず認知されています。

そう考えてみると、いずれかのタイミングでいきなり別の内容に差し替えられてしまったら、逆に驚き悲しみに暮れる視聴者が大勢出現するかもしれません^^;

スポンサーリンク?

話題のCMはこれからも現役であり続ける?

ちなみに登場する3人の女性には、「貸します娘」とのネーミングが与えられている模様です。

おそらく姉妹音曲漫才トリオの“かしまし娘”をもじったものであると考えますが、その元ネタが既に古いですね^^;

いずれにせよ初登場から30年以上の月日が経過しているとあっては、貸します娘の3人もずいぶんお年を召されているでしょう。

気になる3人の現在については、数年前にテレビの追跡番組を通じ、“2人は既に引退して専業主婦になっている”ことが明らかになったそうです。

それ以上の情報が出てこない時点で、それぞれが今回のCMのように派手な活動は続けていないということでしょうか。

なお、どうして近藤産興が何十年もCMの内容を刷新しないのか?という疑問に関しては、“社長がCMの内容を非常に気に入っているから”というストレートな理由がまことしやかにささやかれていますよ(笑)

社長は現在のCMをいたくお気に召しており、「今後100年も変わらず放映する」「貸します娘の3人とは、終身契約を結んでいる」と発言したという情報も出回っていますね。

ちなみに近藤産興の公式サイトにアクセスしてみると、CMの内容や歌詞の全貌をチェックすることができるほか、CMソングのダウンロードサービスまで実施されています。

少なくとも企業サイドが同CMにかなりの愛着を抱いていることは、確かだといえるでしょう。

そもそも地方のCMがとてつもなく長い年月、全く内容を変えずに放映されること自体は、さほどめずらしくない気がします。

まして近藤産興のケースでは、CM自体が一種のブランドのように扱われていますし、先立つものがない限り、本当に100年先まで放映されるかもしれませんね^^

スポンサーリンク?