キットカットの新CM「紙パッケージで、できるかな」篇に、ノッポさんと相棒のキャラクター・ゴン太くんが出演していますね!

キットカット「紙パッケージでできるかな」篇のCM動画(YouTube)はコチラ

ノッポさんといえば、長年児童向けのTV番組にて身近な物を使った工作の楽しさを伝えてきたことで有名です。

その変わらぬパフォーマンスに、思わず「懐かしい!」と唸った視聴者も多いでしょう。

ただ私たちがリアルタイムでノッポさんの活躍を目にしていたのは、もうずいぶん前のことなんですよね…。

それにしては今回のCMで確認できるノッポさんの風貌が余りにも変わってなさ過ぎるので、昔の映像を合成してはめ込んでいるのかもしれません。

実際のところ、CMのノッポさんは合成なのでしょうか?



ノッポさんの概略をチェック!

ノッポさんは、本来の芸名を「高見 のっぽ」といいます。

そのネーミングどおり181cmの長身が特徴的で、1967年から20年以上にわたって放送されたNHKの教育番組「なにしてあそぼう」「できるかな」をきっかけに、国民的な知名度を得るに至りました。

そもそも「ノッポさん」という呼び方が、両番組に登場した一切しゃべらないキャラクターの名前に由来しますね。

そんなノッポさんは以外にも不遇の時代が長く、教育番組でブレイクした時点で既に30代半ばを迎えていました。

現在は、優に80歳を超えているとみて間違いありません。

それにも関わらずキットカットCMでみせた姿が余りに当時の記憶そのままなので、私以外にも多くの方が「合成」の可能性を考えているようではあります。

スポンサーリンク?

ノッポさんの現在と合成説の真相!

さて改めて今回のCMについて深掘りしてみると、登場するノッポさんは合成ではないことが分かりました!

ノッポさんは現在85歳ながら、相変わらず俳優・作家・歌手として幅広く活躍されており、キットカットCMでも今現在の元気な姿を披露しているそうです^^

なおその近況に関しては、ノッポさんの公式サイトを通じても確認することができ、最新ニュースの欄には「ノッポさん、ゴン太くん テレビCM初登場!!」との情報が掲載されています。

続いてキットカットのプレスリリースを見てみると、ノッポさんの起用は商品のパッケージがプラスチックから紙へ変更されたことを契機に決まったことが読み取れました。

プラスチックごみの課題解決に向けた取組として紙のパッケージを採用し、それを「ノッポさんの折り紙」という表現に乗せかみ砕いて伝えることで、環境問題への理解を促すという趣旨のようです。

いずれにせよ、お元気そうなノッポさんの姿を拝見して嬉しかったですし、童心に帰ったようで、シンプルに楽しいCMだと感じましたね^^

もちろん今の子どもたちが見てもウキウキできる内容だと思うので、まさに世代を超えて愛される広告といえるでしょう。

スポンサーリンク?