JRAのCM「阪神競馬場70周年『明日』篇」が、胸に迫る仕上がりです。

阪神競馬場・開場70周年のメモリアルイヤーを記念する広告らしく、名馬や名勝負の数々が時系列でまとめられており、まるで映画を見ているような気分になりますね。

そして全体的なクオリティを押し上げているのが、ストレートに心を揺さぶるCMソングです!

独特かつ素晴らしい声質が確認できるため、すぐに小田 和正さんが手掛けた楽曲であることが分かり、実際CM冒頭部分にも「音楽・小田和正」というテロップが出ています。

ただし曲のタイトルに関しては、一切触れられておりません。

CMを眺めているうちに、ぜひ全編をとおして聴いてみたいと感じてきたため、具体的な楽曲名を追いました。



CMソングのタイトルは「明日」

リサーチの結果、該当の音楽はCMタイトルそのままに「明日」という名の作品であることが分かりました!

なお「明日」は今回のCM用に書き下ろされたものではありません。

2005年6月15日にリリースされた、小田さんのソロとして7作目に当たるオリジナルアルバム「そうかな(相対性の彼方)」の9曲目に収録された楽曲になります。

「そうかな」は収録された11曲すべてがタイアップ作品という聞きごたえたっぷりのアルバムで、「明日」もテレビ東京系列・ワールドビジネスサテライトの2003年度テーマ曲に選定されていました。

その後2009年にはNHK報道プロジェクト・あすの日本のテーマ曲としても流れていましたので、聞き覚えがあったという方も多いかもしれません^^

長い年月をかけて複数回のタイアップを受けているあたり、時代が変わっても色あせない、不朽の名曲といえそうです。

スポンサーリンク?

競馬と小田 和正の高い親和性!

ところで今回のCMを見て「あれ、JRAのCMって高畑 充希や柳楽 優弥が出演して、賑やかしくやってなかったっけ?」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実をいうとJRAのCMには種類があって、高畑さんらが出演するのは「JRA年間キャンペーン」の広告なんですね^^

こちらの広告は人気タレントを起用し、競馬を知らない層にも広く訴えるキャッチーな仕上がりとなっています。

それとは別にJRAは「JRAブランド広告」なるものを打っており、これは競馬の素晴らしさにフォーカスした硬派な内容であるケースが多いです。

熱心な競馬ファンたちは「ブランド広告の方が、明らかにJRAの本気度が高い」と称していますよ。

そしてブランド広告のCMソングには今までも小田さんの楽曲が度々使用され、そのたびに仕上がったCMのクオリティが高いと、大きな話題を呼んでいるんです!

今では「競馬と小田 和正の楽曲は、親和性が非常に高い」との認識が定着しつつあるほどですね。

競馬が持つドラマ性に、小田さんが紡ぐみずみずしくも繊細な音がぴったりマッチするということでしょう^^

スポンサーリンク?