JR SKISKI 2020のCM曲と歌手は?ロケ地や俳優も紹介!

公開日:更新日: コメントなし

JR東日本が送る「JR SKISKIキャンペーン」のCMが、まぶしすぎる仕上がりです。

同キャンペーンは毎年JR東日本が旬な若手女優を起用してスノーレジャー需要の活性化を図る企画であり、過去には本田 翼さんや広瀬 すずさんらが出演したことから、“人気女優の登竜門”としても注目を集めています。

今年は「この雪は消えない。」というキャッチコピーの元、仲間と共有する学生時代最後の冬を表現することで、ターゲットである18~24歳の共感を誘うメッセージを込めましたね。

なおメインキャストに男女がセットで起用されるのは、昨年の松本 穂香さん&伊藤 健太郎さんコンビに続いて2年連続のケースとなるのですが、今回W主演で登場した男女は一体誰なのでしょう?

CMで確認できるクオリティの高いテーマソングの詳細も気になりましたので、併せて情報をまとめました。

CMソングの詳細を紹介!

さて今回のCMソングを手掛けたのは、2009年より動画投稿サイトを中心にインターネットやライヴハウスなどで活動を開始し、独創性の高い類い稀なる作曲センスと透明感が際立つ印象的な歌声で人気を博すシンガー・ソングライターの「Eve(イヴ)」です。

Eveさんは2016年に初の全国流通盤となるアルバム「OFFICIAL NUMBER」を発表したのち、2018年には自身最大規模となるSTUDIO COASTでのワンマンツアーを成功させるなど、注目のアーティストですね。

2019年にはアルバム「おとぎ」もリリースしています。

CMで流れる楽曲は「白銀」というタイトルで、Eveさんが「JR SKISKI 2019-2020」のキャンペーン・ソングとして書き下ろしたものになりますよ^^

12月19日(木)0時よりデジタル先行配信されているほか、“白銀”の特設ページも開設されていますから、是非チェックしてみてください。

Eveさん自身、歴史あるJR SKISKIへの起用を非常に喜んでいる模様です。

スポンサーリンク?

ロケ地と主演2人の情報をチェック!

(画像引用:https://www.orion-ski.jp/fair/special/jr/gala.html)

なおCMの舞台となっているのは、新潟県南魚沼郡湯沢町に所在する「GALA湯沢スキー場(ガーラゆざわスキーじょう)」になります。

JRがわざわざ広告を打つだけのことはあって、JR上越新幹線「ガーラ湯沢駅」より0分の場所に位置しており、改札を抜けたらすぐゲレンデというアクセスの良さと、GWまで滑れるロングシーズンがウリのスキー場ですね。

ゲレンデ標高は1,181mで、緩急様々な15コースを楽しめるほか、思いきり滑った後には場内の温泉で疲れをいやすこともできます。

その利便性から、関東方面からの利用客にとりわけ人気が高いスポットになりますよ^^

続いて出演女優は、2017年に第41回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞し、今年も「アルキメデスの大戦」や「屍人荘の殺人」といった数多くの作品に出演を果たした浜辺 美波さん(19)になります。

浜辺さんは「JR SKISKIのヒロインになることはずっと憧れで、目標であり、かなえたい夢でした。ヒロインに決定したと電話で報告を受けた日も、散歩しながら今年のヒロインは誰なのかな…と考えていたところでした」と、念願がかなった心境を興奮気味に語っていましたね。

そして浜辺さんとW主演を務めた男性は、18年放送「中学聖日記」で連続ドラマ初出演ながら有村 架純さんの相手役として話題を呼んだ俳優・岡田 健史さんです。

岡田さんもやはり「まさか僕が選ばれるとは、驚きとうれしさの感情が入り混じっているのが率直な感想です」と、自身の起用に対する素直な想いを述べていらっしゃいましたよ^^

同CMは関東・東北・信越地区でテレビ放送がスタートしたほか、WEBを中心に広告展開し、YouTube上の多彩な動画やSNSを通じて情報を発信しています。

浜辺さん&岡田さんという“ブレイクコンビ”の出演に、Eveさんの素晴らしい楽曲が彩を添えていて、繰り返し眺めたくなるようなCMですよね!

スポンサーリンク?