iPhone機種変後などのタイミングで、古いApple IDを要求されるケースがあるようです。

新しいApple IDでログインを試みるもエラーになるというのですが、これは一体どういうことなのでしょうか?

スポンサーリンク?

旧Apple IDが残ってしまう原因は?

このような問題は、iPhone上のiCloudが旧Apple IDでサインインされたままになっている場合に起こります。

例えば機種変更が決まってiPhoneのバックアップをとる際に、iCloudのサインアウトをしないままで手続きを進めるとしますよね。

すると、その後AppleIDを変更してから新しいiPhoneでの復元を試みても、iPhone自体は旧アカウントでiCloudにログインした状態が維持されているため、旧IDの方を要求してくるんですよ;

ですから、新しいApple IDでいくら認証を行おうとしても、その要求はとおりません。

ひとたびこちらの状況に陥ってしまうと、アプリのダウンロードや更新はもちろんのこと、iCloudの写真共有といったすべてのAppleIDを利用する機能が使えなくなってしまうので、非常に困ります。

スポンサーリンク?

とにかく「ログアウト」を行う必要アリ!

ということで一連の問題を解決するには、旧IDで続いているログイン状態を解消してあげる必要があるわけですね。

それができない限り、再起動や設定のリセットを実施しようとしても、事はうまく運びません。

それでは早速iCloudの設定画面からサインアウトを済ませようとなるのですが、ここでやっかいなことが一つ。

最初に「iPhoneを探すをオフにするために(古いApple IDの)パスワードを入力する」よう求められるのですが、素直に旧Apple IDのパスワードを入力しても、エラーになってしまうのです!

これはApple IDを変更した時点で既に、旧Apple IDが無効になっているため起こる現象なんですよ。

ですので、必要な手続きを記載すれば、「古いApple IDの有効化→iCloudサインアウト→新しいApple IDの有効化→iCloudサインイン」という全てを順序良く進めなければなりません。

それでは、具体的な手順を以下に記しましょう。

①設定から「iTunes & App Store」を選択し、「Apple ID」をタップ。iTunes Storeへのサインインを求められるので、現在のApple IDのパスワードを入力し、OK。

②「アカウント」の画面が表示されるので、一番上の「Apple ID」をタップし、一時的に「Apple ID」を元のアドレスに戻す。元のメールドレスを入力し、パスワードはそのままにしておく。この作業により古いApple IDが有効になるので、「終了」をタップし、一旦設定に戻る。

③「iCloud」をタップし、画面一番下の「サインアウト」を選ぶ。表示されるメッセージを確認し、「iPhoneに残す」をタップ。

④パスワードを求められるので、旧パスワードを入力する。

⑤サインアウトできたら、再度設定から「iTunes & App Store」を選択し、上記と同じ手順を繰り返して、Apple IDを新しいアドレスの方に戻す(今回もパスワードはそのままで、IDのみを変更)。

⑥新しい方のメールアドレスにAppleから確認メールが複数届くので、一番新しいメールを選び、メール上の「今すぐ確認」をクリック。

⑦「My Apple ID」ページが開いたら、新しいApple IDのメールアドレスとパスワードを入力してサインインを実施。

⑧再度、設定から「iCloud」をタップして、新しいApple IDでサインインしなおす。

以上です。

本当に、なかなかややこしい手続きが必要なんですよね~^^;

「iCloudからサインアウトしないままでApple IDを変更しない」という大前提のルールはぜひ心に留めておきましょう。

子供のスクリーンタイムが見れない時の対処方法は?(iPhoneファミリー共有)
iOS12から追加された機能「スクリーンタイム」に絡み、お子さんのスクリーンタイムを見ることができないという声が相次いでいるようです。既に多くのユーザーから愛用さ...

スポンサーリンク?