iOS12から追加された機能「スクリーンタイム」に絡み、お子さんのスクリーンタイムを見ることができないという声が相次いでいるようです。

既に多くのユーザーから愛用されている機能なだけに、何らかの不具合が起きたのか、それとも自身の設定に問題があるのか、原因が気になりますね。

スクリーンタイムが正常に作動しない場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク?

適切なスマホ利用に役立つ「スクリーンタイム」

まずは、スクリーンタイムとはそもそもどのような機能なのかについて確認しておきましょう。

スクリーンタイムは、iPad・iPhoneをどの程度の頻度で使用しているか、よく使うアプリは何か、持ち上げた回数、各アプリからの通知の数…等の統計を細かく集計することにより、 スマートフォンの使い過ぎを避けるのに役立つ情報を提供してくれる機能です。

スマホの利用状況を確認して多すぎると感じた場合は、カテゴリ・アプリ別に使用時間を制限することもできるので、大変便利なんですよね^^

さらに「ファミリー共有」を行えば、家族のスマートフォンの使い過ぎを制限することも可能なんです!

よってこちらの機能は、親が子どものスマホ利用状況を把握し、不適切だと判断すれば制限を掛け管理することに役立っているというわけです。

スポンサーリンク?

以前は使えていた「スクリーンタイム」なのに…

さて、今回話題となっている「子どものスクリーンタイムを見ることができない」という現象ですが、どうやら個人の使い方に起因するものではないようです。

というのもSNSなどをチェックしてみると、「ある日突然、子どものスクリーンタイム(レポート)が表示されなくなってしまった」「最初は何の問題もなかったのに、急に使用状況の確認ができなくなった」との声が上がっており、これまでは通常どおりに機能していたものが、突然使用できなくなっているんですよ;

「子どもが何らかの裏技を編み出し、親の監視をすり抜けようとしているのでは?」と考える方もいたようですが、複数のユーザーに同じ状況が起きているため、そういうことでもないようです。

ということで、更に調べを進めたところ、どうやら今回の現象は「スクリーンタイム機能自体の不具合」であると判明しました。

iOS12.0.1になったあたりから起こっているバグのようなもので、現状として個人レベルで打てる対応策はないようですね…。

そんなわけで、現状ではApple側の対応やアップデートで不具合が修正されることを待つばかりなのですが、スクリーンタイム機能のキモは正確な情報がいち早く届けられる点だと思うので、一刻も早く問題が解決されるよう願うばかりです。

既に多くのユーザーがネット上でも声を上げているため、運営側も状況は把握していると思うんですけどね^^;

iPhone(iOS12)で郵便番号から住所変換出来ない時の対処方法は?
iPhone xsで郵便番号を入力しても、住所変換ができないという不具合が確認されているようです。何かと便利な機能だったため、愛用していたユーザーの間ではひそかに波紋...

スポンサーリンク?