今年、球団史上初の快挙となる「セ・リーグ3連覇」を果たしたカープ。

暗黒時代を知る私のようなファンによっては、ほんの数年前までは予想だにしなかった事態だと思います。

素直に嬉しいという気持ちは当然あるのですが、心に染み付いた負の記憶とは恐ろしいもので(笑)、「また以前のような弱小チームに戻ったらどうしよう?」という不安がふと頭をよぎることもあるんですよね。

やはり一番の懸念は、「FAによる選手の流出」でしょう。

早速、チームの顔ともいえる存在であった丸選手が去り、多くのカープファンが落胆している状況ではありますが、今後も主力選手たちのFA権取得は続きます;

ということで今回は多分に主観を交えながら、順調にいけば2019年中に国内FA権を獲得する「菊池・曾澤・野村・今村」の4選手について、その動向を予想してみたいと思います。



選手の言葉を鵜呑みにしすぎることはNG!

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/菊池涼介)

初めに断っておきますと、私の予想は余り当てにはならないかもしれません^^;

というのも個人的には、「丸のFA移籍はあり得ない」ってずっと考えていたんですよ。

これは丸選手自身の発言に基づくもので、私は「最大の目標は(カープの)黄金期を築くことだ。(中略)その中心に自分がいられたら、最高だと思う」という彼の言葉を、「生涯カープ宣言」であると信じて疑わなかったのです!

また、丸選手の言動には常日頃から「カープ愛」を感じており、弱い時代から在籍し、チームが強くなる過程を肌で感じた彼だからこそ芽生えた愛着があるのだろうと、勝手に解釈しておりました(笑)

ただかつての新井さん然り、選手の発言がそのときの状況に応じて変化することは決してめずらしいことではありませんし、一人の人間である以上は当然のことだとも考えます。

しかしやはり予想に当たって一番の判断材料となるのが、本人が語った言葉ではあるんですよね…。

そんなわけで私が直近の様子から「この選手は残ってくれる気がする」と強く感じているのが、ズバリ菊池選手であります!

というか、残ってくれないと困ります^^;

彼は守備面の貢献もとてつもなく大きく、今年の丸以上に「替えが利かない」存在だと思うんですよね。

以前はFAになったらいなくなりそうな選手筆頭だと考えていたのですが、「新井イズム」を継承した今、チーム全体を家族のように捉えてくれている雰囲気を感じます。

他人に対し細やかに気遣いできる性格はもちろん、責任感もあり、カープに残れば将来的な幹部候補間違いなしでしょう!

球団も全力で引き留めに掛かるでしょうし、残ってくれます、うん(笑)

今村選手も残る気がする。

私の中には、「カープにおいて、関東出身の選手は移籍選びがち・九州出身の選手は残ってくれがち」というジンクスがあるのですが、これはあながち外してないと思うんですよね。

かつ、今村選手は酷使がたたって一時期ほどの安定感は欠いている感がありますから、敢えて新天地を求めて冒険するよりは、慣れ親しんだチームに残ることを選択するのではないでしょうか?

スポンサーリンク?

どの選手も欠かせない人材だが…

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/野村祐輔)

そろそろ、「予想というか、お前の希望じゃないのか!?」という声が聞こえてきそうですが、野村選手も残ります(笑)

やはり、中国地方出身というのは大きいと思うんですよね。

というよりも、極端な在京志向は持ってなさそうというべきなのかな?

広島の名門・広陵高校で多感な時期を過ごし、甲子園で活躍したという経緯もありますから、土地への思い入れもそこそこのものがあると推察します。

完了したばかりの契約更改の場では、鈴木本部長から「ずっとおって」とストレートな言葉を投げ掛けられて笑っていたそうですが、球団サイドやファンの願いが届くと良いですよね!

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/會澤翼)

最後に、曾澤選手。

…は、出ていってしまうかもしれない^^;

やっぱり「打てる捕手」って、どの球団からしても喉から手が出るほど欲しい人材だと思うんですよ。

「扇のかなめ」とはよくいったもので、野球における捕手の役割自体も大変に重要ですからね。

実際、各種報道では既に、「巨人がその動向を注視している」とのニュースが流れています。

今オフにも炭谷捕手を獲得したとあって、巨人サイドが「捕手の補強」にかなり躍起になっている様子が伺えますが、その本命はほかならぬ會澤選手であるというのです。

セ・リーグのベストナインに選ばれたこともあり、球団幹部が注目を続けるほどの「お気に入り」だというのですから、かなり本気で獲りにくる可能性は高いでしょう。

近年の巨人をみると、5億、6億円規模の選手をかき集め、ダメなら二軍…ということを繰り返しており、豊富な資金力を武器にかなり大胆な立ち回りをしているとの印象もぬぐえませんしね。

もちろん、どの選手も貴重な人材であることに変わりはありませんが、当然ポジションやその時々のチーム事情によって優先度は変わります。

そういう意味でも、會澤選手はきっと引く手あまたですよね…。

巨人が獲得したとの仮定で、もし會澤選手が期待ほどの活躍をしなかったとしても、巨人サイドにすればそれはそれでOKなんじゃないかな?

同一リーグで長らく一強状態を保ったカープの戦力を、確実にダウンさせることはできますから。

と、最後は書いていて暗くなってしまいましたが(笑)、4人全員に残ってほしいというのがファンとしての大前提です!

私たちも心からの応援を続けていきますし、球団側も誠意ある対応を採ってくれれば良いなぁと思いますね^^

広島カープの2109年スタメン・オーダーを予想!理想の打順は?
リーグ4連覇をめざす広島については、「やはり丸の抜けた穴は大きい」「いやいや、2019年も十分に優勝を狙える戦力がある」等、様々な意見が飛び交っていますね。そこ...

スポンサーリンク?