東京都市大学はFランク大学?東急グループの大学だがFラン?

公開日:更新日: コメントなし

東京都の理系大学について調べを進める中で、「東京都市大学」に行きつきました。

そのネーミングからは工学系の大学という点も読み取ることができませんでしたが、実際は明確な特色や強みを持つ優れた学校のようですね。

非常に興味を惹かれつつ、その実力のほどを具体的には測りかねましたので、Fランク大学に当たるか否かも含めて深堀してみました。



東京都市大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に東京都市大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
東京都市 都市生活 50
42.5~55
知識工 42.5~50
環境 45
人間科学 47.5
メディア 50~52.5

当ブログのFランク大学の基準①②に東京都市大学は該当しません。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。

「四工大」の世間的な評価とは

(画像引用:https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/3314/index.html)

(※大学名をクリックすると個別のFラン判定記事にとびます)

東京都市大学は「四工大」もしくは「東京4理工」と呼ばれる括りに属しています。

登場回数が多いのは四工大の呼称だと感じますが、もう一方の東京4理工は単に周囲がカテゴライズした大学群というわけではなく、大学側も公式に用いているネーミングなんですよ^^

東京4理工の内訳は「芝浦工業大学東京電機大学・東京都市大学・工学院大学」の4大学で、いずれも東京都内に本部を置く理工系の学校です。

4校は協力し合い、バブル景気崩壊以降急速に進んだ総合大学・地方大学志向及び学生の理工系離れに対応すべく「東京理工系4大学による学術と教育の交流に関する協定」に基づいた単位互換制度や大学院の特別推薦入試制度・スタンプラリー形式のオープンキャンパス等を実施しているんですよ!

東京4理工の公式サイトも存在しますので、その取組自体に興味のある方は是非目をとおしてみてください。

なおその相対的な難易度は、理系大学という特性から一概には言いづらい部分があるものの「成成明学と同程度・日東駒専以上」であると認識されています。

4校の序列は「芝浦工業大学>>東京電機大学=東京都市大学=工学院大学」といったところでしょう。

いずれにせよ日東駒専より下位のグループではありませんから、東京都市大学は当ブログが定めるFランク大学の条件③には該当しないと結論付けます。

スポンサーリンク?

「東急グループ」に属する大学!

(画像引用:https://manabi.benesse.ne.jp/daigaku/school/3314/index.html)

東京都市大学は東京都世田谷区に本部を置く私立大学で、工学教育の理想を求める学生たちが中心となって創られました。

その最大の特徴はなんといっても「東急グループに属する大学」という点でしょう!

同校は東急グループのバックアップを強みに、企業に選ばれる高い研究力を誇ることで知られており、民間企業から依頼された受託研究件数は全国の大学で8位にランクインしたこともあります。

当然就職にも強く、理系の進学先としては非常に良い大学と評価できるでしょうね。

しかしながら東京都市大学は現状に甘んじることなく、今後もさらに学部・学科の整備を進めると表明しています。

十分な歴史と実績を持ち合わせながら、今後ますます跳ねる可能性もあるという点で、チェック必須の大学と考えて間違いありません^^

「幅広い学びを習得できるため、大学に通いながら将来的な進路を見極めたい学生にもおすすめ」との評価もあり、志願者数は高い水準で安定していますので、「安心して選ぶことができる学校」と考えて良いでしょう。

関西(近畿)地方のFラン記事一覧はコチラ
中部(東海)地方のFラン記事一覧はコチラ

スポンサーリンク?