工学院大学はFランク大学?就職に強い四工大だがFラン?

公開日:更新日: コメントなし

今回は東京に所在する理系大学「工学院大学」に焦点を当てたいと思います。

長い歴史を持つ学校とは聞きますが、その実力は一体どの程度なのでしょう?

Fランク大学に当たるか否かも含めながら、リサーチを進めました。



工学院大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に工学院大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
工学院 50~52.5
建築 55~57.5
先進工 47.5~55
情報 50~55

当ブログのFランク大学の基準①②に工学院大学は該当しません。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。

「四工大」の難易度はどのくらい?

(画像引用:https://www.kogakuin.ac.jp/campus/index.html)

(※大学名をクリックすると個別のFラン判定記事にとびます)

工学院大学は「四工大」もしくは「東京4理工」と呼ばれる括りに属しています。

よく話題に上るのは四工大の呼称だと感じますが、もう一方の東京4理工は単に周囲が分類した大学群というわけではなく、大学側も公式に用いているネーミングなので、もう少し詳しくみていきましょう。

東京4理工の内訳は「芝浦工業大学東京電機大学東京都市大学・工学院大学」の4大学で、いずれも東京都内に本部を置く理工系の大学です。

4校は協力し合い、総合大学・地方大学志向及び学生の理工系離れに対応すべく「東京理工系4大学による学術と教育の交流に関する協定」に基づいた単位互換制度や大学院の特別推薦入試制度・スタンプラリー形式のオープンキャンパス等を実施しているんですよ!

東京4理工の公式サイトも存在しますので、理系の学生さんはチェック必須ですね^^

なお四工大の相対的な難易度は「成成明学と同程度・日東駒専以上」であると認識されており、4校の序列は「芝浦工業大学>>東京電機大学=東京都市大学=工学院大学」いわれています。

芝浦工業大学が頭一つ抜けているとの評価は揺るぎありませんが、いずれの学校も日東駒専より上位であることは確かですので、工学院大学は当ブログが定めるFランク大学の条件③には該当しません。

スポンサーリンク?

歴史と伝統の就職に強い大学!

(画像引用:https://www.kogakuin.ac.jp/campus/index.html)

工学院大学は新宿区に本部を置く日本の私立大学で、日本で最も古い私立の工業実業学校を起源とし、創立以来130年以上の歴史を誇っています。

その確かな歩みと伝統を背景に、卒業生・企業社会・地域社会・工学研究コミュニティ・提携大学等とのネットワークや絆が非常に充実している点が、同校の大きな強みでしょう。

「21世紀型ものづくり」の先端で創造や発信を続け、事業・実務でリードできる人材が育つには最適な環境が整っているとして、内外の評価が高いですね。

と同時に産業界で目覚ましい活躍を見せる多くの卒業生たちによる「ジョブサポーター制度」が完備されるなど、とにかく就職に強く、学校からのサポートも手厚いことで有名です!

長い歴史と一定の偏差値、実績を上げたOBによるバックアップといったすべてが、工学院大学の価値を底上げしているといって良いでしょう。

それだけに入学自体が容易ではありませんから、進学を希望する場合にはしっかりとした対策をとることが必要になりますね^^

関西(近畿)地方のFラン記事一覧はコチラ
中部(東海)地方のFラン記事一覧はコチラ

スポンサーリンク?