これからの社会、確かな語学力があれば何かと有利に働くことが多いでしょう。

そう考えると、外国語大学に進学するというのは良い選択であると考えます。

しかし学校自体の評判が悪ければ、元も子もないですよね^^;

ということで今回は愛知県を代表する外国語大学「名古屋外国語大学」について、Fランク大学に該当するか否かも含めてリサーチを進めました。



名古屋外国語大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に名古屋外国語大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
名古屋外国語 外国語 47.5~55
世界教養 47.5~55
世界共生 47.5~52.5
現代国際 50~55

当ブログのFランク大学の基準①②に名古屋外国語大学は該当しません。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。


中部(東海)地方のFランク大学一覧を紹介【最新版】
少子高齢化の影響で若年層の人口率は年々減っていますが、大学の数は2010年辺りまでは増加傾向にあり、それ以降現在まで横ばい状態が続いています。大学への進学率が高...

名古屋外国語大学の相対的評価は?

(画像引用:https://shingakunet.com/gakko/SC000543/)

通常ピックアップする大学の相対的なレベルをリサーチする際には、同校が属する「大学群」を引き合いに出すのですが、名古屋外国語大学はどの大学群にもグルーピングされていません。

おそらく一部コミュニティの中で限定的に使用されているような、マイナーな大学群にも属していないですね。

ただ実情を見るに名古屋外国語大学の難易度が、関東の日東駒専と同程度か少し下と定義される「愛愛名中」の各学校…こと愛知大学以上とみなされることは、ほぼないと言えるでしょう。

よって「名古屋外国語大学<日東駒専」との図式が成り立ち、名古屋外国語大学は当ブログが定めるFランク大学の基準③を満たすと考えます。

近年名古屋外国語大学の人気・実力がどんどんアップしているとの見方もあるのですが、逆に「かつての誰でも入学できるレベルの低い学校という印象が、未だ根強く残っている」との指摘も聞こえますからね;

イメージ的な部分も含め、やはり同校がFラン扱いされてしまう可能性は否定できません。

スポンサーリンク?

様々なサポート体制が充実している!

(画像引用:https://shingakunet.com/gakko/SC000543/gakubugakka/00000000000141446/)

さて名古屋外国語大学は愛知県日進市に本部を置く私立大学で、1988年に中部地方で唯一の外国語大学として開校しました。

設立当初は「英米語学」「フランス語学」「中国語学」の3つの学科のみでしたが、現在では外国語学部6学科に現代国際学部3学科を擁する学校へと発展を遂げていますね。

そんな同校の強みは、何と言っても留学制度の充実でしょう!

海外の多くの大学と協定を結んでいるため、留学する学生数は中部地区トップを誇ります。

「留学経験が就職活動時に相当有利に働いた」との報告も少なくなく、大学サイドの確かなサポートによって、たくさんの学生が得難い経験を積んでいる様子ですね^^

このような実績は「多文化共生時代のグローバル職業人を育てる」という理念にもピッタリ合致していると感じます。

加えて学生3人とネイティブ教員1人の少人数授業を全学科で開講している点や、航空業界をめざす全学生を「エアラインドリカムプラン」で徹底サポートすることも、同校の特色であると同時に大きな強みです。

理想を掲げるだけでなく、それを実現するための体制を積極的に整えている様子が伝わってきて、好印象ですね^^

既に上昇中の人気・レベルが今後ますます跳ねる可能性も高いと思いますし、将来国際的な分野で活躍したいという学生にとっては、非常に良い大学だといえそうです。

関西(近畿)地方のFラン記事一覧はコチラ
中部(東海)地方のFラン記事一覧はコチラ

スポンサーリンク?