京都橘大学はFランク大学?産近甲龍より格下のFラン?

公開日:更新日: コメントなし

先日、当ブログの全く別の記事で京都橘高校吹奏楽部について触れましたが、こちらと同じ学校法人京都橘学園が設置する学校に「京都橘大学(きょうとたちばなだいがく)」という大学があるんですね!

京都橘高校から進学する生徒も多いようで、その詳細が気になります。

難易度が高いという評判が聞こえてこないところをみると、Fランク大学の可能性もあると考え、リサーチを進めました。



京都橘大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に京都橘大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
京都橘 35~47.5
発達教育 45~47.5
国際英語 47.5~50
現代ビジネス 47.5
看護 52.5
健康科学 47.5~52.5

当ブログのFランク大学の基準②に京都橘大学は該当するため、世間ではFランク大学と評価される可能性があります。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。

どのあたりの大学群に相当?

(画像引用:https://www.tachibana-u.ac.jp/about/campus/campus.html)

早速、京都橘大学がどのような大学群に属するのか調べてみたところ、どうやら同校にこれといった分類はない様子でした。

一説には「OKTOBAR(O:追手門学院大学 K:神戸学院大学 T:京都橘大学 O:大阪国際大学 B:佛教大学 A:芦屋大学 R:流通科学大学)」という大学群が存在するともいわれているものの、関連情報が余りにも少なく、特定のコミュニティ内で用いられている呼称と感じましたね。

それでは京都橘大学の難易度がどのあたりの大学群に該当するのか?に関してですが、「産近甲龍と摂神追桃の間」程度の認識で大きく外してはいないでしょう。

取り立てて優秀とはいえないまでも、一定のレベルは担保されていると考えます。

ただ一般的に関西と関東の大学群を比較すると「産近甲龍=日東駒専」という認識が広まっていますからね;

産近甲龍より格下という判断の京都橘大学は、当ブログが掲げるFランク大学の条件③を満たすことになり、「Fラン認定される可能性のある大学」であると結論付けました。

スポンサーリンク?

国家試験合格に強みあり!

(画像引用:https://www.tachibana-u.ac.jp/about/campus/campus.html)

さて京都橘大学はその名のとおり、京都府に本部を置く私立大学です。

1902年に創立された京都女子手藝学校を前身とし、1967年に橘女子大学として開学。
その後2005年に現在の大学名へ改称して、男女共学となりました。

途中から男女共学になったという点も京都橘高校と同じですね^^

同校は「国際」「文学」「教育」「心理」「ビジネス」「建築」「医療」といった多彩な専門分野からなる6学部11学科、更には大学院も擁する総合大学です。

「力を実業教育に注ぎて、将来自営独立の実力を得しめん」という建学の精神を体現するかのように、看護師・助産師は2015年から2年連続で、また救命救急士は2014年から3年連続で国家試験合格100%という素晴らしい実績を上げていますよ^^

将来このあたりの職業に就きたいと考えている方は、是非ともチェックすべき学校といえそうですね!

そのほかにも文学部の書道コースが「全日本高校・大学生書道展」で12度の団体最優秀校を受賞するという優秀な成績を残しています。

またこれは余談になりますが、文学部には今を時めく女優・吉岡 里帆さんが3年次まで在籍していたんですよね。

ともあれ将来の方向性がある程度決まっており、それが同校の教育と合致するのであれば、非常に魅力的な大学だといえそうです。

スポンサーリンク?