畿央大学はFランク大学?就職にはかなり強いがFラン?

公開日:更新日: コメントなし

関西の私立大学について調べていたところ、「畿央大学(きおうだいがく)」という学校にたどりつきました。

失礼ながら個人的には初めて聞く名前だったのですが、どうやら明確な特色や強みを持つ魅力的な大学のようですね。

とはいえ余り評判が広まっていないという点でFランク大学の可能性もあると考えましたので、実際的な難易度等についてリサーチしてみました。



畿央大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に畿央大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
畿央 教育 47.5~50
健康科学 45~52.5

当ブログのFランク大学の基準①②に畿央大学は該当しません。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。

「畿央大学」の相対的なレベルとは

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/畿央大学)

前提として世間の評価や各種データから、当ブログでは関西の大学群を「関関同立 > 産近甲龍 > 摂神追桃」と定義するとともに、これを関東と比較すれば「産近甲龍=日東駒専」であるとの見解を示しています。

そこから各大学の相対的な評価を導き出してFランク判定の一助としているわけですが、どうやら畿央大学はどの大学群にも分類されていないようです。

加えて同大学に対する世間の見方も分かれがちであり「産近甲龍レベルに相当する難易度」との声もあれば、「特定分野の就職には相当強いが(後述します)、一般的な評価は摂神追桃にも劣る」という指摘もありますね。

そのため非常に判断が難しいのですが、そもそもの知名度が余り高くない点や、摂神追桃以下とする意見が一定数見受けられる状況を鑑みると「畿央大学 < 日東駒専」という図式が成り立つのではないでしょうか? よって畿央大学は当ブログが掲げるFランク大学の条件③を満たし、「Fラン認定される可能性のある大学」であると結論付けます。

スポンサーリンク?

医療・教育分野の就職にめっぽう強い!

(画像引用:http://www.kio.ac.jp/guide/10th/evolution2014/)

次に大学の特色に関して詳しく見ていきましょう。

畿央大学は奈良県北葛城郡に本部を置く私立大学で、閑静な住宅街に新しく美しいキャンパスを構えています。

学部は理学療法士や管理栄養士などを目指す「健康科学部」と、教員を目指す「教育学部」の2つを擁し、いのちと向き合う職業を目指す人材の育成を行っていますね。

要は「健康と教育のスペシャリストを育てる」という非常に明確な方向性を掲げているわけです!

そのため畿央大学からは例年、理学療法士・看護師・助産師・管理栄養士・建築士・小学校教諭・幼稚園教諭・養護教諭・保育士といった「手に職」を持つ人材が多く巣立っていますよ^^

どれも需要の高い職業ですから、同大学は2003年に設立された新しい学校ながら「開学から12年間の全卒業生の就職率は94.5%」という素晴らしい実績を上げており、大学側もこのような数値を前面に押し出しています。

各職業に特化した専門スタッフによるサポート体制も万全なので、将来就きたい職業がすでに明確になっていて、それが畿央大学のカリキュラムと合致しているならば、この上ない進学先といえるでしょう。

正直なところ「安定した将来のために大学へ行く」という学生さんは多いと思いますし、そういった意味でも畿央大学はかなり魅力のある学校だと感じますね。

スポンサーリンク?