近畿圏で外国語を学べる大学といえば、大阪外国語大学がパッと思い付く名門ですが、「関西外国語大学(以下、関西外大)」の知名度もかなりのものだと思います。

卒業生の方にもよく遭遇しますね。

ただ、いかんせん大阪外国語大学や神戸市外国語大学が優秀というイメージが強すぎて、関西外大の難易度を問われても今一つピンとこず、「もしかして、Fランク大学なのかも」というイメージをぬぐうことができません。

実際、関西外大の実力はどの程度のものなのでしょうか。



関西外国語大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に関西外国語大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
関西外国語 外国語 52.5~57.5
英語キャリア 52.5~62.5
英語国際 47.5~55

当ブログのFランク大学の基準①②に関西外国語大学は該当しません。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。


関西地方のFランク大学一覧を紹介【最新版】基準は産近甲龍?
言わずもがなですが、人口の集まる場所には大学も多く存在するものであり、関東に続く大都市圏である「関西」にも、数えきれないほどの学校が乱立しています。しかしな...

「外外経工佛」の上位?

(画像引用:http://www.kansaigaidai.ac.jp/info/campus/nakamiya/)

(※大学名をクリックすると個別のFラン判定記事にとびます)

関西外大は、京都外国語大学・関西外国語大学・大阪経済大学大阪工業大学佛教大学という5つの大学を括った「外外経工佛(がいがいけいこうぶつ)」という大学群に属しています。

大学群の名称自体は余り浸透していない感もありますが、各大学の認知度は高いですよね。

近畿圏における難易度は、関関同立・産近甲龍に次ぐレベルといわれており、これを関東圏の大学群に当てはめると「日東駒専と同程度」と考えることができます。

ちなみに以前当ブログにおいて「佛教大学はFランク認定される可能性がある」との記事をアップしたことがありますが、佛教大学が外外経工佛下位と評価されているのに対し、関西外大は「外外経工佛の中でも頭一つ抜けた優秀な学校」との認識が広まっているんですよ!

実際に学生人気も高いですし、学部によっては「難関私大」といっても過言ではないものもあります。

よって日東駒専以上のレベルは確実に担保されていると考えることができ、関西外大は当ブログが定めるFランク大学の条件③には該当しないと判断いたします。

スポンサーリンク?

「使える語学力」を習得!

(画像引用:http://www.kansaigaidai.ac.jp/info/campus/nakamiya/)

さて、関西外国語大学は大阪府に本部を置く私立大学です。

現在4学部9学科を開設しており、英語やスペイン語を学べる学科がありますね。

教育理念は「GO FOR IT!語学のその先へ」。

この理念に違わず、同大学では単に言葉を伝えるだけではない、習得した語学力を真に活かすことができる「プロフェッショナル」の育成が行われていますよ^^

年間約2300名もの学生が国際交流する留学制度は大変有名ですし、そのようなカリキュラムに魅力を感じ、関西外大の門戸を叩く学生は全国から絶えることがありません。

確かに実践的な語学力を習得できるというのは大きな魅力ですよね。

私の知人にも同大学の卒業生がたくさんいますが、それぞれ人気企業ランキングの上位に名を連ねるような大手旅行会社等に就職し、学んできたことを大いに活かしている様子が見受けられます。

そう考えると、企業からの評価も高いのでしょう。

もちろん近畿圏における評判も良いですし、Fランクどころか、こと外国語大学で学びたいという学生は是非チェックしておくべき学校といえますね!

関西(近畿)地方のFラン記事一覧はコチラ
中部(東海)地方のFラン記事一覧はコチラ

スポンサーリンク?