文教大学はFランク大学?文東立松の中でも下位でFラン?

公開日:更新日: コメントなし

ここのところ、やはり就職に当たっては理系が強いとの記事を立て続けに紹介してきましたが、文系の学生であっても資格等を取得し、手に職を付けることは可能ですよね。

今回ピックアップする「文教大学」は各種試験で優秀な合格実績を上げていると耳にし、大変興味を惹かれました。

その一方で簡単に入学できるFランク大学との評判もあり、実情が気になったため、さっそくリサーチを進めましたよ^^



文教大学の偏差値は?

河合塾の「入試難易予想ランキング表」を参考に文教大学の偏差値をまとめると以下のようになります。

※スポーツ系、芸術系、医学、薬学、歯学、二部の学部・学科は含めていません。

大学名 学部 偏差値
文教 37.5~52.5
教育 45~57.5
国際 42.5~45
経営 42.5~45
健康栄養 47.5
情報 37.5~42.5
人間科学 45~47.5

当ブログのFランク大学の基準①②に文教大学は該当しません。

当ブログのFランク基準

①BF(ボーダーフリー)の学部・学科を有する大学
②偏差値が37.4以下(35.0)の学部・学科(理系は除く)を有する大学
③「日東駒専」未満の大学

上記のいずれかに該当する大学は世間でFランク大学と言われる傾向にあります。詳しくはコチラを参照。

「文東立松」の下位ランク!?

(画像引用:https://www.yasui-archi.co.jp/works/detail/t2008005/index.html)

(※大学名をクリックすると個別のFラン判定記事にとびます)

文教大学は「文東立松(ぶんとうりっしょう)」と呼ばれる大学群に属します。

余り知名度が高い呼称ではありませんが、その内訳は「文教大学・東京経済大学立正大学二松學舍大学」の4校で、偏差値の近い私立大学を括ったものになりますね。

文東立松の相対的な難易度は「日東駒専未満・大東亜帝国より上」と理解されており、端的にいうならば「中堅私大の中でも比較的入試難易度は易しい」ラインのグループという認識で間違いありません。

その中でも文教大学は、どちらかといえば下位にランク付けされる学校です。

よって知名度に加え、難易度的にも「文教大学<日東駒専」との図式が成り立ち、文教大学は当ブログが定めるFランク大学の基準③に該当するといえるでしょう。

スポンサーリンク?

将来役立つ資格を取得できる!

(画像引用:https://up-j.shigaku.go.jp/department/category06/00000000268301002.html)

文教大学は埼玉県越谷市・越谷キャンパスと神奈川県茅ケ崎市・湘南キャンパスの2つを有し、7学部(教育学部・人間科学部・文学部・情報学部・国際学部・健康栄養学部・経営学部)と5つの研究科、専攻科、外国人留学生別科からなる総合大学です。

「育ての、文教。」というキャッチフレーズのもと、幅広い人材の育成を行っていますね^^

同校の特徴は、私立大学としては非常にめずらしい教育学部を設置している点でしょう。

そのほかにも情報学部と人間科学部を私大では初めて設置するなど、既存の枠にとらわれない新分野へ挑戦が積極的に進められています。

また冒頭にも触れたとおり、同校は「資格試験に強い学校」としても評価を上げていますよ!

教職や管理栄養士に加え、近年では公認会計士・税理士といった会計専門職の輩出が著しく伸びており、「将来を見据えながら様々な知識を習得できる」「努力次第で人気の高い資格が身に付く」として、学生からの評判もすこぶる良好です。

資格取得に絡んでは給付型奨学金や専門家によるサポートも受けることができ、学校側のバックアップは万全ですね^^

こういった実情があるので、先ほどFランクとは定義しましたが、自身のニーズと合致すれば進学先として検討する価値は十分にある大学と感じます。

こと教師になりたいという学生の方は、是非ともチェックを入れておくべきでしょうね。

関西(近畿)地方のFラン記事一覧はコチラ
中部(東海)地方のFラン記事一覧はコチラ

スポンサーリンク?