WANIMAの2ndアルバム「COMINATCHA!!」が、好調なセールスを記録しているようですね!

COMINATCHA!!は前作「Everybody!!」から約1年9か月ぶりとなるフルアルバムで、三ツ矢サイダーCMソングの「夏のどこかへ」、劇場版ONE PIECE STAMPEDE主題歌の「GONG」、関ジャニ∞に提供した「ここに」のセルフカバー等、話題性のある全15曲が収録されていますから、ファンにとっても待望のリリースといえるでしょう^^

単純に15曲という収録数も、ボリュームたっぷりで凄まじいですよね。

それにしても、アルバムのタイトル「COMINATCHA」とは一体どういう意味の言葉なんですかね…?

正直に言うと意味どころか読み方すら分からないので、詳細をリサーチしてみました!



「COMINATCHA」はヒップホップ用語!

余りに見慣れない単語なので、「もしかするとWANIMAの造語では?」と当てを付けていたのですが、どうやらCOMINATCHAはヒップホップ界隈で使用される用語みたいですね。

略さずに記せば「Coming At You」となり、「オマエに襲いかかる/やってくる/かっこいい」といったニュアンスを表すそうです。

またCOMINATCHAの発音は、「カミナッチャ」となりますよ!

よく意味が分からなくても、何となく耳馴染みが良くてインパクトのあるワードだと感じますね^^

とりあえず、こなれた感じで口にするスラング的な言葉という認識で間違いなさそうです。

スポンサーリンク?

「COMINATCHA!!」に込められた意味とは?

さてCOMINATCHA!!というアルバムのタイトルを付けるに当たり、メンバーたちは音の「響き」を重視したといいます。

「SNSとかで“#カミナッチャ”って見たら、カミナッチャって何だろう?って」自分も思うと語り、そのような部分に面白味を見出したようですね。

ちなみに前作の「Everybody!!」も「エビバデ」と読ませ、音の響きに対するこだわりをみせていました。

また響きがいいなという点に加え、「COMINATCHA!!って、“襲い掛かる”とか“カッコいい”という意味もあって。それがすごくWANIMAっぽいなと思って名付けました」とも語っていますよ^^

このような説明に目をとおすと、今回WANIMAはCOMINATCHAというワードを一般的な意味で解釈してタイトルに冠したことが分かります。

ただやはり誰もが知っている表現ではないと感じますし、アルバムを端的に表現する言葉として「COMINATCHA」をピックアップしたというところが、やはり彼ららしさというか、WANIMAのカラーなのでしょうね。

なおメンバーたちは今回のアルバムについて、「これぞWANIMA!!という1枚になった」と自信をのぞかせています。

新しい音色を取り入れた変化球のような曲も盛り込みつつ「結局それもWANIMAになっている」ということで、現在の彼らを知るには必聴のアルバムといえるでしょう。

タイアップ曲が多いという点では初心者でもとっつきやすいでしょうし、この機会にWANIMAの作品をチェックすると良さそうです。

スポンサーリンク?