進研ゼミCM曲と歌手を紹介!聞く話す英語篇(2020年1月より)

公開日:更新日: コメントなし

1月18日よりオンエアされる“進研ゼミ2020”のCM「聞く話す英語」篇のBGMが、希望にあふれた雰囲気で大好きです^^

CMの冒頭に登場する「進め」という歌詞がリスナーの気持ちを後押ししてくれるようで、前向きな心持ちになれますよね。

CMの内容自体が子どもたちのやる気を後押しするものということも相まって、非常に好感の持てる一曲だと感じます。

是非とも全編を通して聴いてみたいのですが、こちらのCMソングは誰の何という作品なのでしょう?



曲を手掛けたのは話題のギターロック・バンド!

リサーチの結果、今回のCMソングを手掛けたのは今話題のギターロック・バンド「sumika」であることが分かりました!

曲のタイトルは「センス・オブ・ワンダー」といい、来る3月4日にリリース予定のNew EP「Harmonize e.p」に収録される新曲となります。

作品に対してメンバーの片岡 健太さん(Vo./Gt)は、「“人として波長が合う”という感覚は、誰かと何かをするときにとても大切な感覚だと思っています。何をするかではなく、誰とするか。誰とするかに自信を持てたら、きっと何者にでもなれる。sumikaというバンドだから作れた音楽に喜びを込めて、今作のタイトルにしました」とのコメントを発表していますね。

ちなみに「Harmonize e.p」に絡んでは、“初回生産限定盤にはDVDが付属する”とのアナウンスが流れていますが、それ以上の情報は今のところありません

これから徐々に続報が入り、全貌が明らかになっていくのでしょう^^

3月末から6月に掛けては、バンド史上最大規模となる全国10都市13公演のアリーナツアー「sumika Arena Tour 2020 -Daily’s Lamp-」が開催されることも決まっているので、直前のリリースとなるNew EPが今度のツアーでどのように彩られていくのかという点でも、期待は高まるばかりです。

そういったわけで「聞く話す英語」篇を通じてsumikaの音楽に興味を持ったという方は、「Harmonize e.p」の発売を待ちましょう!

スポンサーリンク?

アーティスト情報を詳しくチェック!

(画像引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002314.000013546.html)

さてsumika自体の情報についても、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

今回のCMソングを手掛けたsumikaは、神奈川県川崎市出身の片岡 健太(Vo./Gt.)、荒井智之(Dr./Cho.)、黒田 隼之介(Gt./Cho.)、小川 貴之(Key./Cho.)からなる4人組のバンドです。

様々な人にとっての“sumika(住処)”のような場所になってほしいとの願いを込めて、2013年5月に結成されました。

2017年7月に発売した1stフルアルバム「Familia」は、インディーズながらオリコン週間チャート5位を記録し、注目を浴びましたね。

2018年には“ノイタミナ”TVアニメ「ヲタクに恋は難しい」OPテーマ、劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」のオープニングテーマ・劇中歌・主題歌と異例の3曲、そして数々のビッグアーティストがテーマソングを担当したことで知られる「JR SKISKI 2018-2019」のキャンペーンテーマソングに次々と抜擢され、ライブでも日本武道館3daysをSOLD OUTさせて成功を収めるなど、大きな飛躍を遂げました。

2019年3月には2ndフルアルバム「Chime」をリリースし、各配信チャートで1位を席捲。

アルバムツアーでは日本武道館、横浜アリーナ、大阪城ホール公演2デイズといったアリーナ・ホールでの全会場SOLD OUTさせる一方、あだち 充さん原作のTVアニメ「MIX」のOPテーマや、一大ブームを巻き起こしたTVドラマ「おっさんずラブ」シーズン2の主題歌、更には人気アニメ「僕のヒーローアカデミア」の劇場版主題歌等を手掛け、幅広い層の支持を集めます。

そこへきて2020年早々に「進研ゼミ2020」CMソングに楽曲を提供したわけですから、今後さらに大きく跳ねる可能性を秘めた、今最も目が離せないバンドと称しても過言ではないでしょう。

前述のとおりバンド史上最大動員数となるアリーナツアーも控えていますし、今年の音楽シーンを騒がせてくれそうな、非常に楽しみな存在ですよね^^

スポンサーリンク?