人気ヒップホップグループ「BAD HOP(バッド・ホップ)」が乱闘している動画が出回り、その原因や喧嘩の相手について、様々な憶測が流れています。

緊迫した映像を目の当たりにして詳細が気に掛かりましたので、当日の状況や騒動の概要について調べてみました。



映像の内容をチェック!

動画に映し出された乱闘は全国5都市のZeppを回るライブツアー「COLD IN SUMMER ZEPP TOUR」の最中、6月6日(木)Zepp Nagoyaで行われたライブの後に、会場の外で勃発したようです。

映像自体は2分に満たない程度の短いものですが、画面いっぱいにギャラリーが確認でき、割と大きな騒動だったことが伺い知れますね。

1対1の喧嘩というよりは、ヒートアップする当事者やそれをなだめる人々が入り乱れ、まさにプロ野球の「乱闘騒ぎ」を思わせる様相です。

なお登場人物が多いながら、髪形といった情報から、メンバーの特定作業は何とか行うことができますよ。

映像を注視する限り、YZERRが激高しながら「やってやるよ」などと声を荒げている様子が確認できます。

喧嘩相手の男性は最後、数人の男性たちに押し込められるようにしてタクシーに乗り込み去っていくのですが、YZERRの興奮はなおも収まらず、車に詰め寄っていく場面まで映し出されていました。

スポンサーリンク?

様々な憶測が流れるが…

ギャラリーが大勢いたので喧嘩の状況に関しても容易に確認できると予想したものの、各種SNSをチェックしても、目撃者からの情報は上がっていませんでした;

この件に関心を寄せているファンが多い一方で、事件の核心に迫る報告は全くといって良いほど見当たりませんでしたね。

それゆえ、ここから先は推測を含んだ話にはなるのですが、YZERRの様子を見る限り、今回の喧嘩は相手側が吹っ掛けてきたものと考えます。

加えてBAD HOPは日本武道館でワンマンライブを敢行するほどの言わば「大物」ですから、大した理由もなく喧嘩を吹っ掛けたりはしないと思うんですよ。

彼らは「良い人」で売り出しているわけではないですし、ある意味このたびの映像もイメージから大きく外れたものとも感じませんが(笑)、やはり影響力がある立場ゆえ、わざわざリスクを背負うような真似もしないでしょう。

ただそのあたりの状況を鑑みて、軽い気持ちで因縁をつける輩がいてもおかしくはありません。

BAD HOPに絡むことで「ハクがつく」という考え方もある気がしますね;

なお今回の件に関しては、名古屋のラッパーと取り巻きのチンピラが絡んできて、最初は無視していたBAD HOPサイドも次第に我慢ができなくなりキレた…との説が有力になっています。

最初は無視していたという話が事実ならば、やはり喧嘩の原因自体は一方的かつ取るに足らないようなことだったのでしょう。

ただ相手側も(余り知名度がない人物との情報はありますが)ラッパーと聞くと、最後にわざわざタクシーを呼ばれていたという点も何となく納得できる気はします。

ちなみに喧嘩相手は愛知・尾張小牧を拠点として活躍するクルー「k_sidemafia」という説もごく一部に出回っているものの、真相は定かではありませんね。

いずれにせよ、一連の動画でBAD HOPの評判が急落したなどということはないですし、とにもかくにも怪我人が出なかったようで何よりでした^^;

スポンサーリンク?