いよいよ開幕した「2018 FIFAワールドカップ ロシア」。

待ち望んだ世界的な祭典に、各企業もオリジナル・CMを打って出ており、お祭りムードが高まっています。

その中でも特に目を留めてしまったのが、こちらのCMです。

「全力アイーダ」篇と銘打たれたこちらのCMでは、いつもは昔話のキャラクターに扮するau「三太郎」シリーズのキャストたちが、初めて「本人」として勢ぞろいしているんです!

何だか、すごく新鮮だと思いませんか?

CM最後に流れる「全力を全力で応援する」というコメントに、こちらの興奮も最高潮に達します。

それにしてもこのCM、疾走感あふれるBGMもまた良いですね。

こちらの楽曲は、一体誰が手掛けたものなのでしょう?

スポンサーリンク?

ヴェルディの名曲を大幅にアレンジ

そもそもの「元ネタ」となっているのは、ヴェルディ作曲の歌劇「アイーダ」の「凱旋の合唱&凱旋行進曲」です。

もうずいぶん前から、「サッカーの応援歌と言えばアイーダ!」と広く認知されている、有名な曲ですよね。

しかしながら今回のCMでは、ユーロビート調に大幅なアレンジが加えられた「CMオリジナルアレンジ」版が使用されています。

そして、リサーチを進めたところこちらのアレンジは、「GO 2」というユーロビートレーベル所属のアーティストが手掛けたものであると判明しました。

楽曲名はズバリ、「Super Striker」

まさに、サッカーの応援にスポットを当てた作品と言えそうです。

ヴェルディ版の壮大な雰囲気はそのままに、よりクールでテンポの良い「現代版」とも言える仕上がりになっていますね!

なお「GO 2」は、FASTWAY/DUSTY(本名:Ennio Zanini)とACE(本名:Christian Codenotti)から成るユニットで、ユーロビートにヒップホップ調の歌詞を加えるという斬新なスタイルが多くの支持を集めています。

スポンサーリンク?

ダンスで更に応援気分を盛り上げる!

なおこちらの「Super Striker」に関しては、かつて、同曲に合わせてダンスを披露するというブームも起こっていたようです。

YouTubeには数年前から投稿された関連動画が多数アップされており、昨今起こった「ダンス・チャレンジ」ブームの先駆けのようにも思えて大変興味深く感じました。

ワールドカップには、熱烈なサポーターが多数存在しますからね!

まさに、興奮をダンスというかたちで表現せずにはいられなかった…という塩梅なのかもしれません。

しかしこのアレンジは、耳にすると本当に気分がアガってきますね^^

Au CMにおいて豪華キャストが口ずさんでいる様子も圧巻で、ついついこちらまで肩を揺らしてしまいそうです。

同CMは既にかなり話題になっているようですが、この盛り上がりをそのまま、日本代表を応援するパワーへと変えていきたいですね!

今後しばらくは、サッカー中継にかじりつく日々が続いてしまうかも^^

スポンサーリンク?