4月3日から放送されている「AMO’S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」の新CMがすごくオシャレです!

世界的なファッションアイコンである「フェルナンダ リー」をメインキャストに起用している点はもちろんですが、美しいモデルたちがアモスタイルの下着をまとい軽やかに踊る映像は、非常に洗練されていて注目に値します。

アモスタイルといえばショッピングセンターにも高確率で入っている「敷居の低い下着メーカー」というイメージでしたが、今回のCMはまるでハイブランドの広告みたいで、久しぶりに店へ足を運びたくなりましたよ^^

ちなみに私がこのCMを初めて視聴した際の感想は、「洋楽のMVみたいで素敵!」というものでした。

そう、映像もさることながら、このCMはBGMが良いんですよ!

気になっている方も多いかと思いますので、今回はトリンプのCMで流れる音楽の「曲名と歌手」について紹介します♪

スポンサーリンク?

CM曲は「ジャスティス(Justice)」の「D.A.N.C.E.」


キュートな映像にマッチするこちらのBGMは、「ジャスティス(Justice)」というフランスのエレクトロニック・ミュージック・デュオによる「D.A.N.C.E.(ディー・エー・エヌ・シー・イー)」という楽曲になります。

リリース自体は2007年ですから、もう10年以上前の作品なんですよね。

まったく古さを感じさせない点は、グラミー賞の「ベスト・エレクトロニック/ダンス・アルバム」部門にノミネートされるなど、世界的な評価と成功を収めているジャスティスのなせる業でしょうか。

スポンサーリンク?

「D.A.N.C.E.」は、マイケル・ジャクソンへのトリビュート曲

(画像引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャスティス)

なお、ジャスティスには来日の経験もあり、フジ・ロック・フェスティバルやサマーソニックにも出演していますので、音楽ファンには「大物」としてよく知られる存在だと思います。

一方で、ブリトニー・スピアーズやフランツ・フェルディナンドといった名だたるアーティストのリミックスも手掛けていることから、知らぬ間に彼らの音楽へ親しんでいるという方も多いと思いますよ^^

2008にも「DVNO(ディー・ブイ・エヌ・オー)」という楽曲が、DoCoMo携帯のCMにタイアップ曲として使用されていました。


ちなみに今回起用された「D.A.N.C.E.」は、マイケル・ジャクソンへのトリビュート曲なんだそうです。

そして、CMでも確認できる曲中の「歌声」は、ちらっと耳にしただけでは若い女性のもののように聞こえるのですが、実際はロンドンの少年聖歌隊の歌声をフューチュアしているんだとか。

なかなか豪華なつくりになっているんですね~。

「エレクトロニック・ミュージック」なんて聞くと、コアな音楽ファンしか好まないというとっつきにくいイメージを持つ方が多いかもしれませんが、実際には聞きやすい仕上がりの作品も多いんですよね。

CM音楽をきっかけとして、普段聞かないようなジャンルに手を出してみるのも面白いかもしれませんよ^^

スポンサーリンク?