ネット通販を利用していると、届いた商品が想像とは違うケースがままありますよね。

未開封であれば返品を受け付けてもらえることが多いのでしょうが、アマゾンでは「開封済みでも返品可能な場合がある」ことをご存知でしょうか?



アマゾンが定める返品の条件とは?

Amazon.co.jpおよびAmazonマーケットプレイスにおける大半の出品者は、原則として「商品到着から30日以内」の返品に応じています。

商品や出品者によって特別な規定が設けられている場合もありますが、今回は一般的なルールに関して紹介していきますね^^

まずトラブルや不具合によって返品を余儀なくされた場合には、当然ながら商品代金・配送料・手数料・ギフトラッピング料といった全額が返金されるか、同一商品との交換も可能となっています。

一方で「お客様都合」によって商品を戻したいというケースであっても、未使用かつ未開封であれば商品代金の全額が、そして開封済みなら商品代金の50%が返金されるシステムなんですよ!

もちろんこれは一種の救済措置であり、何でも気軽に返品してOKというわけではないですから、利用者側のモラルが問われる部分もありますね^^;

ともあれ、やむを得ない事情があれば返品を受理してもらうことができ、開封済みでも半額が手元に返ってくるという仕組みは、消費者目線から大変ありがたいものだと感じます。

その他の細かいルールに関してはアマゾンの「返品・交換の条件」に説明がありますので、個別具体的なケースを知りたいときには一読してみてください。

スポンサーリンク?

返品はどのように行えばよいの?

返品方法も出品者や商品、返品・交換の理由によって差異があるものの、基本的には「注文履歴」から手続きを進めることになります。

返品したい商品を選んだら「商品の返品」をクリックして、返品の理由を選択してください。

その後さらに「具体的な理由をご記入ください」との指示があるので、コメントを入力します。

続いて「手続き方法の確認と選択」というページに進み、ここから返送方法を確認する流れになりますね。

「返品用ラベルと返送手順を表示・印刷」をクリックすると、返送先や返品コード等の画面が出てくるので、これを印刷・同梱し、実際に商品を送り返します。

返送は基本的に着払いで行うことができます。

着払い不可であっても返金の際に送料が差し引かれる仕組みですから、大きな問題はありません。

返品に伴う「返金」は、カードや振込・ギフト券等、それぞれの支払い方法にのっとって進められます。

これにて一連の手続きが完了するわけですね!

amazon返金はギフト券と現金が選べる?銀行振込方法を紹介!
ネット通販の特性上、Amazonで購入した商品を「返品」することになるケースは普通に起こり得ると思います。その場合、返品に伴う「返金」を受けることになるわけですが...

ただ購入者都合の返品は、出品者側にもそれなりのコスト・労力を掛けることを忘れてはなりません。

身勝手な返品はアカウントの停止につながる恐れがありますし、結果的に優良な出品者の撤退を招く可能性も否定できませんから、常に利用者としての「マナー」は意識しておきたいものです。

スポンサーリンク?