ネット通販の特性上、Amazonで購入した商品を「返品」することになるケースは普通に起こり得ると思います。

その場合、返品に伴う「返金」を受けることになるわけですが、返金はAmazonギフト券でのみ実施されると理解している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

普段からAmazonを重用しているならば問題ないものの「ピンポイントでこの商品が欲しくて、Amazonを利用してみた。他にショッピングの予定はない」といった場合には、ギフト券をもらっても持て余してしまいますよね;

現金で支払ったものがギフト券にかたちを変えて戻ってくるというのも、何か釈然としません。

ということで今回は、返金を「現金」で受け取る方法について紹介したいと思います!



「銀行振込」を選択することが可能!

実を言いますと、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い等を利用していた場合、返金の方法として「銀行振込」を指定することができます!

もちろんギフト券でも受け取ることが可能ですから、要は銀行振り込みとギフト券、好きな方を指定すれば良いわけですね^^

銀行振り込みであれば「現金」というかたちでお金が戻ってくるわけなので、Amazon以外でも再度買い物をすることができます。

当面Amazonの利用予定がない場合には、銀行振込を選ぶと良いでしょう。

ただ銀行振込を依頼した場合には口座登録等の手続きが発生するため、返金までの日数は余計に掛かります!

Amazonギフト券での返金が返送品受領後1~3日程度で完了するのに対し、銀行振込の場合は1~2週間(出品者が販売する商品の返金には2~3週間)程度が必要と、大幅にタイミングがずれますので、その点は留意しておきたいですね。

スポンサーリンク?

「銀行振込」を依頼する手順は?

また銀行振込を選択する場合には、別途の手続きを執り行って依頼を掛ける必要が出てまいります。

前述のとおり口座登録も済ませることになりますので、「銀行名・支店名・口座の種類・口座番号・口座名義人・注文番号」の情報を手元に揃えておいてください。

では具体的な手順に話を移しましょう。

まずはAmazonのトップページ最下部右下にある「カスタマーサービスに連絡」をクリックし、「注文について」から対象商品を選びます。

続いて「お問い合わせ内容:返品、交換、返金」「詳細内容:返金」「さらに詳細を選択してください:その他」と選び、問い合わせには「電話」を指定してください。

銀行振込の依頼には電話が必須であり、メールでは受け付けてもらえないんですね;

電話がつながったら口頭にて、準備しておいた口座情報を伝えましょう。

以上で手続きは完了です!

多少手間に感じるかもしれませんが、現金での受け取りを希望する場合には必要なステップですので、押さえておくと良いですね^^

スポンサーリンク?