アマゾン(Amazon)で買い物をすると、配送業者が「ADP」となっているケースが見受けられます。

こちらは正式名称を「アマゾン・デリバリー・プロバイダ」といい、「Amazon.co.jpと連携している地域限定の配送業者」の総称として用いられているのですが、ADPに関しては「仕事の質が低い」といった悪評がつきまとっている実情があります。

予定の日時に荷物が届かないといったケースも頻発している様子ですから、問い合わせの電話番号は事前にしっかり押さえておきたいですよね。

しかし考えてみればそもそも電話はきちんと繋がるのか?という不安もありますし、今回の記事ではADPとの連絡の取り方について、詳しくまとめてみました。



ADPの電話窓口は集約されている!

ADPには「TMG・SBS即配サポート・札幌通運・丸和運輸機関・若葉ネットワーク・ギオンデリバリーサービス・ヒップスタイル・遠州トラック・ロジネットジャパン西日本」という9つの配送業者が含まれていますが、問い合わせ電話番号は「0120-130-661」に一本化されており、どの配送業者が荷物を運んでいる場合にも、こちらに問い合わせを入れれば良い仕組みとなっています。

ただこちらのフリーダイヤルは9:00-21:00が受付時間になっていますので、状況によっては24時間稼働している自動電話受付の「050-5525-7445」という連絡先を利用すると良いでしょう。

とはいえやはりオペレーター相手の方が要件を伝えやすいですし、時間外に電話を掛けてもすぐに荷物が届けられるわけではありませんから、個人的にはフリーダイヤルの方が利用しやすいと感じます。

定休日なしで一日12時間は稼働しているという点も、なかなか有難いですよね^^

スポンサーリンク?

問い合わせ電話は繋がるの…!?

ここまで書くとお分かりかもしれませんが、ADPの問い合わせ窓口はアマゾンが設置しているものになります。

配送業者や企業によらず同一の電話番号になっているのは、アマゾン自体が受け皿となって機能しているためです。

それゆえ電話が繋がらないという事態は考えられず、万が一すぐに電話が掛からない場合でも、そもそも時間外であるか問い合わせが殺到して電話回線が混みあっているかの二択でしょうから、そう心配することはありません。

タイミングをずらして、再度電話を掛けてみると良いですね。

それでも継続的に連絡が取れないような事態が発生したら、やはりアマゾン本体の「お問い合わせ方法」ページに設置された専用フォームから、別途連絡を入れて内容を伝えましょう。

とりあえずイレギュラーな事態に見舞われた場合にも「間にアマゾンをかませる」ことで事なきを得たとの報告は多く上がっていますから、問題が大きくなりそうと感じた場合には、早めにアマゾンへ協力を仰ぐのがベストです。

Amazonデリバリープロバイダを回避し避ける方法を紹介!
アマゾン(Amazon)を利用すると、配送業者が「ADP」となっているケースが度々見受けられます。ADPとは「アマゾン・デリバリー・プロバイダ」の略で、「Amazon.co.jpと...

ADPの口コミがひどい!評判が最悪な理由は?トラブル多数?
アマゾン(Amazon)を利用すると、配送業者が「ADP」と表示されている場合があります。ADPとは「アマゾン・デリバリー・プロバイダ」の略であり、「Amazon.co.jpと提携...

スポンサーリンク?