アマゾン(Amazon)を利用すると、配送業者が「ADP」と表示されている場合があります。

ADPとは「アマゾン・デリバリー・プロバイダ」の略であり、「Amazon.co.jpと提携している地域限定の配送業者の総称」として用いられているワードです。

大手業者だけではカバーしきれない配送をADPが請け負っているかたちですが、どうやら評判は散々らしく「ADPと関わりたくない!」との声も上がっているようですので、その実態を調べてみました。



実際に複数のトラブルが起きている!?

各種SNSや掲示板に目をとおすと、なるほどADPの利用により実害を被ったという報告が複数寄せられています。

「とにかく配達日時を守らない」「荷物が届かないので問い合わせを入れてみたが、適切な対応がなされない」「連絡自体つながらず、荷物の状況が不明瞭で大変不安に感じた」といった荷物の動きに絡む苦情が数多く見受けられ、なるほど大切な商品を任せるには少々難がある印象ですね。

と同時に「夜の23時過ぎに平然と配達員がやってきたが、どういう教育をしているの?」「問い合わせの電話をしても担当者によって言うことが二転三転し、全く誠意を感じない」「明らかに向こうの非で遅延が発生したのに、ごまかそうとしてばかりで謝罪の言葉が一つもない」などなど、社員の対応や接遇に苦言を呈す方も目立ちました。

このような状況を鑑みれば、やはり「ADPに絡んで多くのトラブルが発生している」という話は事実なのでしょう。

スポンサーリンク?

なぜADPに絡むトラブルが頻発するのか

ちなみにADPは「TMG・SBS即配サポート・札幌通運・丸和運輸機関・若葉ネットワーク・ギオンデリバリーサービス・ヒップスタイル・遠州トラック・ロジネットジャパン西日本」という9つの配送業者によって構成されています。

配送地域によって適当な業者が自動的に割り振られるシステムですが、いずれもヤマトや佐川といった業界最大手に比べれば規模の小さい会社になりますね。

それゆえ全体的にみて慢性的な人手不足はもちろんのこと、スムーズな配送を実現するノウハウや精度の高い追跡システムが整備されていない実情があり、このような点が荷物の遅延を引き起こしているといいます。

また大手ほどには社員教育が行き届いていないため、個人の裁量で勝手な行動をとる配達員が見受けられるほか、問い合わせ先の対応も今一つという評価が定着していますね。

内部に難しい事情がいろいろと存在する点はもちろん想像できますが、利用者としてはやはり「時間を守る・任された仕事は一定以上の水準で遂行する」という感覚を求めてしまいますし、勝手に選定される配送業者によってサービスの質に著しい差異が出るというのも、納得しづらい部分があります。

このままではアマゾンそのものの信頼まで失墜してしまう気がするのですが、何か対策は打ってもらえないのでしょうか…。

Amazonデリバリープロバイダを回避し避ける方法を紹介!
アマゾン(Amazon)を利用すると、配送業者が「ADP」となっているケースが度々見受けられます。ADPとは「アマゾン・デリバリー・プロバイダ」の略で、「Amazon.co.jpと...

ADPの置き配指定方法と注意点を紹介!オートロックも可?
在宅・不在に関わらず指定の場所に商品を届け、サイン不要で配達完了となる「置き配」のサービスをご存知でしょうか?Amazon.co.jpが発送し、一部のデリバリープロバイ...

スポンサーリンク?